船井幸雄氏は、言わずと知れた船井総合研究所の創業者です。

1933(昭和8)年、大阪府生まれ。

1956(昭和31)年、京都大学農学部農林経済学科を卒業した秀才です。

日本マネジメント協会経営コンサルタント、同理事を経て、1970年に株式会社日本マーケティングセンターを設立します。

1985(昭和60)年、社名を「株式会社船井総合研究所」に変更します。

1988(昭和63)年、経営コンサルタント会社として世界で初めて株式を上場します。

2014(平成26)年、数々の業績を遺して1月19日に死去されました。

船井氏の与えた影響はとても大きく、この世を去った後も、「経営指導の神様」として多くの経営者が手本としています。

その船井氏が、なぜネットワークビジネスをすすめるようになったのか、その理由を紐解いていきます。

クチコミと自主性の時代

船井幸雄氏は数々の著作を遺しています。

その中の一つ「21世紀は『クチコミ』と『自主性』の時代−船井幸雄が斬るネットワークビジネス」(徳間書店刊)で、船井氏は次のように述べています。

ネットワークビジネスを初めは胡散臭いビジネスと思っていましたが、調査するに従って、そのマーケティング手法に未来の姿があるとして、この新しいビジネスマーケティングシステムに注目しました。

私は、21世紀は「クチコミと自主性の時代」になると思っています。既に数百万人が日本でネットワークビジネスに携わっており、これから10年、最も注目でき、伸びるビジネスのような気がします。

船井氏自身は、ネットワークビジネスに携わった経験はないようです。

しかし、ネットワークビジネスに対してポジティブな見解を持っていることが分かります。

近年、クチコミはビジネスとして定着しました。

食べログを中心としたグルメ情報口コミサイト。

転職会議を始めとした会社情報口コミサイト。

「良いものは誰かに伝えたい」

ネットワークビジネスができるよりもずっと以前から、私たちは、自分が納得したもの、良いと確信できたものを自分の大切な人へ伝えてきました。

「クチコミと自主性の時代」

ネットワークビジネスは、私たちの大切な人に対する善意をビジネスという形に昇華して、クチコミの持つ力を活かすものです。

ですから、その力を真っ当に使うための「自主性」はとても重要です。

船井氏が掲げる条件とは?

船井氏は、ネットワークビジネスにポジティブな見解を持つ一方、決して諸手を挙げて認めていたわけではありません。

21世紀に生き残るネットワークビジネスとして、船井氏は次の5つの条件を挙げています。

① 付き合う者を害さない

② 付き合う者を良くする

③ 高品質で安全、そして安心できる

④ 単純で万能である

⑤ 経済的である

この5つの条件をすべて充たすネットワークビジネスは、一体何社あるでしょうか?

① 付き合う者を害さない

多くのネットワーカーは、アップラインの言うままに友人・知人を片っ端からリストアップして、参加する気もない人たちに勧誘をすることから始めます。

あなたもそうではありませんでしたか?

さらには、ネットワークビジネスであることを隠してセミナーに誘うこともあります。

この行動が、ネットワークビジネスに対する嫌悪感を広める大きな原因の一つとなっています。

多くの主催会社も、余程のことがない限り個人やグループに指導をすることはありません。

② 付き合う者を良くする

多くのネットワーカーにとって、アップラインは「絶対的存在」、ダウンラインは「お客様」です。

ビジネスをしているから付き合っているのであって、互いを成功させるために団結しているわけではありません。

そうです。

多くのネットワーカーは、チームとして行動することができず、戦略もないので、人として成長することが難しくなります。

③ 高品質で安全、そして安心できる

多くのネットワークビジネスで取り扱っている製品は、高品質で安全、そして安心できると言えるでしょう。

ただし、主催会社の多くあるアメリカに比べると、特に健康食品やサプリの安全基準は日本のほうが緩いことが多いのも事実です。

そして、外資系の会社は日本の基準に合わせるため、本国で販売しているものと品質的に異なる場合があることは否定できません。

④ 単純で万能である

ネットワークビジネスで取り扱っている商材の中には、なぜ良いものなのかを理解するために、専門的知識を必要とするものがあります。

専門的知識を理解できる人なら分かるかもしれませんが、そのような人はごく僅かです。

それよりも

「人が今まで足を踏み入れなかった水源から汲み上げた栄養素豊富なミネラルウォーター」

というような簡潔な説明で分かってもらえるほうがいいのは当然のことです。

⑤ 経済的である

ネットワークビジネスに参加するために、数万円から数十万円という初期費用が必要なものは

「誰もがビジネスを始められる機会を与える」

というネットワークビジネスの根本に反します。

ビジネスを維持するための費用は、最低でも月額で1万円未満でなければ経済的であるとは言えません。

だからインターネットを活用すべき

ネットワークビジネスは、製品の愛用者がご近所さんにも教えてあげたいと思う善意の行動を、ビジネスに昇華させたものがそもそもの始まりです。

ですから、仲間を増やしたいと思うとき

「相手がネットワークビジネスに興味を持っている」

「相手がネットワークビジネスを始めたいと考えている」

ことが必要最低限の条件になります。

全く興味も関心もない相手を勧誘しようとするから、ネットワークビジネスであることを隠したり、周囲の人の迷惑をかけるようなやり方をしてしまうのです。

周囲の人達に迷惑を掛けてしまうやり方は、誰も幸せにしません。

インターネットを活用することで、ネットワークビジネスに興味がある人の方からアプローチしてもらうことができます。

興味のある方が多いので、ネットワークビジネスであることを隠す必要も、嘘を必要もありません。

インターネットを活用すれば、興味ある人と話すとき互いの予定を合わせやすくなります。

遠い場所に住んでいる人とも、容易にコミュニケーションを取ることができます。

だからこそ、インターネットを活用した集客システムが重要になってくるのです。

まとめ

船井幸雄氏が、著書の中でネットワークビジネスを薦めているのは驚かれたことでしょう。

ただし、多くのネットワーカーが用いている手法、多くのネットワークビジネス主催会社のあり方は、船井幸雄氏の掲げる条件を充たしているとは言えないこともまた事実です。

なぜなら、多くのネットワークビジネスではインターネットを活用することを禁じているからです。

しかし、インターネットを活用して活動できるネットワークビジネスはあります。

インターネットを通して日本だけでなく世界に発信できるネットワークビジネス。

だからこそ、船井幸雄氏の掲げる5つの条件を充たすことが可能になるのです。