MLMで成功するために

近年多くのMLMで採用される報酬プラン「バイナリー」の特徴を検証する

「バイナリー」

金融商品のことではありません。

ネットワークビジネス企業が採用する報酬プランの1つです。

報酬プランとは

「会員への報酬を計算するための計算方法」

のことを言います。

近年では、より複雑な報酬プランも登場しています。

ただ、よく見ると、ベースになる報酬プランの組み合わせでしかありません。

大切なのは、ベースになっている報酬プランについて、しっかり理解することです。

報酬プランの概要については、次の記事にあります。

概要記事
トップリーダーが教えたくないマーケティングプランの真実

ネットワークビジネスには、様々なマーケティンブランがあります。 あなたがビジネスをする上で、どのように計算された結果自分へ報酬が支払われるのか、それは大変重要なことです。 普通の人であるあなたが、ネッ ...

続きを見る

あなたが、まだ報酬プラン全体の概要を知らないならば、まずは上の記事をご覧ください。

「ある程度は分かっているけど、詳しくは分からない」

そんな場合は、これからお伝えすることを理解していきましょう。

近年多くのネットワークビジネスで採用されている

「バイナリー」

について知ることで、その会社のビジネスについてもより理解できるようになります。

基本は左右2系列

よく知られていることですが、バイナリーは

「左右2系列」

のグループしか持つことができません。

2つのグループしかないので

「もっと多くのグループを持った方が稼げるのでは?」

と、あなたは思われるかもしれません。

確かに、直接の紹介者を数多く持つことも重要です。

しかし、それ以上に重要なことがあります。

それは「深堀り」です。

縦にグループを伸ばす

ネットワークビジネスで重要なこと、それは

「グループを大きくする」

ということです。

「そんなの当たり前でしょ!」

と、あなたは言うかもしれません。

しかし、意外と理解していない人も多いのです。

グループを大きくするということは、単に

「人数を増やす」

ということではありません。

グループを大きくするやり方は

「横」

「縦」

2つの方向があります。

「横」とは、あなた自身が直接の紹介者を増やすことです。

あなたが頑張れば、それだけ紹介者を出すことはできます。

でも、考えてみてください。

あなたは24時間、365日、活動できるでしょうか。

違いますよね。

本業のある人は、自分の自由な時間を使って副業として始めます。

当然、使える時間は限られています。

限られた時間の中で、何十人、何百人と紹介を出すことは難しいでしょう。

ネットワークビジネスを本業にしている人でもそうです。

ネットワークビジネスで安定して成果を出せるようになり

「会社員を辞め独立」

した人も数多くいます。

ただ、いくらネットワークビジネスを本業にしても

「何十人、何百人」

と紹介を出せるようになるためには、かなりの時間が必要です。

あなた自身の「集客力」を上げなければならないからです。

でも、時間は待ってくれません。

あなたも短期間で大きな収入を手にしたいはずです。

であれば、グループを「縦」に伸ばすことです。

スピルオーバーでチーム戦?

バイナリーには

「スピルオーバー(振り落とし)」

というシステムがあります。

バイナリーは

「左右2系列」

しかないので、3人目以降の紹介者を直接あなたの下に配置することはできません。

3人目以降の紹介者が宙に浮いてしまいます。

その場合、組織図上、2段目以降の最も左にある場所へ配置されることになります。

オートバイナリー

先程お伝えしたように、組織図上、空いている最も左の場所から配置されることを

「オートバイナリー」

といいます。

バイナリーを採用する多くのネットワークビジネスは

「オートバイナリー」

を採用しています。

なぜなら、自動で配置されるため管理が楽になります。

新たな紹介者が出たときに、配置をいちいち考えなくて済みます。

左と言っても、相対的です。

左のグループのうち

「3段目の最も右」

「10段目の最も左」

どちらから配置されるでしょうか?

「10段目の最も左」

ではありません。

段数の浅いところから配置されなければならないので

「3段目の最も右」

が正解です。

意外に思うかもしれませんが、理解していない人もいます。

指定バイナリー

近年導入されているのが

「指定バイナリー」

です。

自動ではなく、紹介者が自ら配置場所を選ぶことができます。

自分で配置場所をコントロールできるのが利点です。

ただ、あなたの紹介した人がどれだけネットワークビジネスで頑張れるのかは未知数です。

「あの人は頑張ってくれると思ったのに」

「この人がこれだけ頑張れるとは思っていなかった」

ということになるのがネットワークビジネスです。

それが面白いところでもあります。

ただ、組織を運営する立場からすると

「人を見極める眼」

が養われないと組織図がいびつになってしまう可能性があります。

あなたの実力が試されるところです。

実力がなくても大きくなる

あなたがまだ登録したばかりだとします。

ネットワークビジネスでの経験も少なく、実力もありません。

それでも、あなたの紹介者に実力があれば

ポツリ

ポツリ

とあなたの下に人が付き始めます。

「まだ自分で紹介者を出せてないのに…」

と、驚きつつもあなたはこう思います。

「自分が出来なくてもグループが大きくなるんだ」

そして、自分が登録するときに紹介者から

「あなたができなくてもチーム戦だから、私が何とかしてあげるよ」

と言われたことを思い出します。

「言われたことが現実になった」

そう思ったあなたは、決意を新たにします。

バイナリーが「チーム戦」だと言われる所以です。

「枝」が増えるバイナリー

バイナリーは

「左右2系列」

というのは基本中の基本です。

しかし、近年、バイナリーはバイナリーでも

「枝が増えるバイナリー」

を採用するネットワークビジネスもあります。

どういうことか。

採用しているネットワークビジネスでは、枝を増やす条件として

「左右各系列で高額な売上」

を挙げています。

バイナリーの例外を作るためには、それ相応の厳しい条件が必要となります。

ただ、条件をクリアして枝を増やすことができれば

「バイナリーの限界を超える」

ことが可能になります。

他の報酬プランを併用するのではありません。

バイナリーそのものを変化させてしまうのです。

バイナリーそのものを変化させてしまうのですから

「バイナリーであってバイナリーでない」

類を見ない報酬プランとなります。

他力を使ってより大きく

バイナリーは、あなた自身にまだ実力がなくても

「他力を使える」

力のある紹介者の助力で、グループを大きくできる報酬プランです。

その点を指して

「チーム戦です」

と言う会員も多くいます。

ただ、他力を使えるということには、意外な盲点もあります。

その盲点については、後程お伝えします。

あなたが紹介者の立場になったとき

「余るくらいの人をグループの人に付けられる」

くらいの実力を身に着けることが重要になってきます。

報酬の計算方法

「バイナリーについては分かったけど…」

と、あなたは思っているかもしれません。

気になるのは、バイナリーの計算方法ではありませんか?

バイナリーは左右2系列であるため、計算方法もシンプルです。

ただ、シンプルがゆえに会社ごとに計算方法が異なります。

ここでは大きく分けて2つの計算方法をお伝えします。

レベルマッチ

もう「耳タコ」かもしれませんが、バイナリーは

「左右2系列」

しかありません。

左のグループ、右のグループ、それぞれどのように大きくなっていくと思いますか?

「そんなことわからないですよ!」

と思うのが普通です。

ただ、1つ確実なのは、左と右で全く同じ大きさにはならないということです。

納得いただけましたか?

やる気のある人、無い人

グループを大きくできる人、できない人

いろんな人がいます。

ですから、必ずどちらかのグループが大きくなり、もう片方が小さくなるのです。

例えば、左のグループが大きく、右のグループが小さいとします。

レベルマッチは、大きいグループ、小さいグループで

「売上が同額(同数)になる部分を1つのまとまり」

として扱い、ボーナスを定める計算方法です。

具体的に言うと

左のグループで、その月に10万円の売上

右のグループで、その月に2万円の売上

があったとします。

その会社では、左右で各1万円の売上を1つのまとまりとして

「3,000円」

のボーナスを支払うことになっています。

この場合、小さな右のグループでは売上が

「2万円」

しかないので、左のグループからも同額の

「2万円」

が計算されることになります。

1万円のまとまりが2つなので、あなたへのボーナスは

「6,000円」

ということになります。

今の例は「金額」が同数の場合でした。

会社によっては金額ではなく

「売り上げた製品の個数」

「登録している会員数」

となっている場合もあるので、確認が必要です。

小グループの〇%

もう一つの計算方法として

「小さいグループの売上の〇%」

という方法があります。

レベルマッチは、対象となるのが金額のほかに

「特定の製品の個数」

「新規会員の数」

など会社によって計算の対象となるものが違います。

一方、小さいグループの売上から一定の割合が収入になるとすると

「小さい方は〇円の売上だから△円くらいかな」

と容易に計算して推測することができます。

例えば、ある会社では小さいグループの20%が収入になると決められているとします。

上の例では、小さいグループは2万円の売上でした。

すると、あなたが今月得る収入は

「4,000円」

ということになります。

レベルマッチが多数派

現状では

「レベルマッチ」

が計算方法としては多数派です。

バイナリーの計算方法として紹介しているので、非常にシンプルです。

ただ、近年の報酬プランでは、複雑な条件を絡めている会社もあります。

複雑な条件が絡んでいるので、非常に難しく思えてしまうのです。

しかし、難しく見えるだけです。

バイナリーについて理解していれば

「基本はこうなっているんだな」

と分かってくるようになります。

一見理想的でも

あなた自身に紹介者を出せる力がついていないときでも

「スピルオーバー(振り落とし)」

という、アップラインの力を借りてグループを大きくできる

「チーム戦」

でグループを大きくできるバイナリー。

一見理想的に思えますが、いいことばかりではありません。

片伸びで収入が取れない

先程、バイナリーの計算方法をお伝えしました。

「レベルマッチ」

「小グループの○%」

の主に2種類です。

いずれの計算方法も基本的な考え方は同じです。

その考え方とは

「小さいグループをベースにしている」

ということです。

どういうことか。

バイナリーでは、左右の大きさが同じになることはありません。

どちらかが大きくなります。

どちらかは小さいままです。

なぜ、片方だけ大きくなってしまうのか。

先程もお伝えしたとおり、バイナリーの配置は

「最も左から」

となっています。

仕組みからして

「右のグループは大きくなりにくい」

という性質を持っています。

ですから、バイナリーの場合必ずと言っていいほど

「左のグループが大きくなる」

という状態になってしまいます。

しかし、ボーナスを計算するベースとなるのはあくまでも

「小さい右のグループ」

です。

左のグループがいくら大きくなっても、ボーナスに反映されることはありません。

繰り越しても活かせない

一部のネットワークビジネスでは大きい左のグループのうち

「当月に計算されない部分」

を翌月へ繰り越すというシステムを採用しています。

ですが、もうお気づきかもしれません。

大きな左のグループの売上をいくら繰り越したところで、翌月の

「小さい右のグループの売上」

を大きくしない限りボーナスとして計算されないのです。

しかも、繰り越しには限度があります。

採用しているネットワークビジネスの多くは

「翌月まで」

と期限を定めています。

たった1ヶ月の間に、小さい右のグループの売上を急増させられるでしょうか。

とても難しいことです。

ですから、繰り越された大きな左のグループの売上は、ボーナスとして計算されることなく消滅してしまいます。

永遠の課題

報酬プランのベースがバイナリーである限り

「片伸び」

は解決することが困難な

「永遠の課題」

です。

近年バイナリーを採用する会社では

「ユニレベル」

を二次的に採用したボーナスで、バイナリーの課題を補おうとするところもあります。

ユニレベルについては、別途お伝えしますが、ユニレベルを採用しても

「段数が浅い」

ボーナスになっており、バイナリーの課題を補うには十分ではありません。

また、あるネットワークビジネスでは、バイナリーを採用しながら

「枝が増える」

システムを採用しています。

枝が増えるとは、

「左右2系列だけではなく、新たに3系列目以上が作れる」

というものです。

ただ、枝を増やすための条件が非常に厳しくなっています。

上位タイトルを獲得した人だけがチャレンジできるような

「左右で数百万円の売上」

を必要とする非常に厳しいものです。

このように、バイナリーの課題を補おうと、採用する各社で報酬プランに手を加えています。

しかし、いずれも課題を克服するまでには至っていません。

最大の長所が最大の弱点に

紹介を出せる力を、あなたがまだ身につけていないときでも、アップラインからの

「スピルオーバー(振り落とし)」

であなたのグループが大きくなっていく。

バイナリーの大きな魅力でした。

しかし、よく考えてみてください。

自分ができなくても、誰かがやってくれる。

そう知ったとき、あなたはやる気になれますか?

多くの人は

「自分がやらなくてもやってくれるんだ」

「そんなに頑張らなくてもいいんだな」

と、力を抜いてしまいます。

ネットワークビジネスでも同じことが起こります。

アップラインからのスピルオーバーを期待して、次第に

「セミナーにも参加しない」

「アップラインやグループの人と連絡を取らなくなる」

「セミナーやイベントに参加しなくなる」

と、ネットワークビジネスから遠ざかってしまいます。

2,3ヶ月が経ち

「グループも何倍かに大きくなってるでしょ」

「アップが大きくしてくれているはずだ」

と期待して、ネットで会社のホームページにアクセスし組織図を確認すると、増えているのは

「たった2,3人」

程度でしかありません。

期待との落差に愕然として

「ネットワークビジネスなんて儲からないじゃないか!」

と、そのまま退会手続をしてしまいます。

嘘のように思うかもしれません。

でも、現実の話です。

こうしてバイナリーを採用する会社から多くの人が去っています。

そして、何も知らない人がまた登録するのです。

スピルオーバーは、まだ力がついていない人でも

「他の人の力を借りてグループを大きくできる」

システムです。

他の報酬プランにはない珍しいシステムと言えます。

自分以外の人を頼ることがあってもいいのです。

ただ、スピルオーバーの場合、頼り方が

「一方的」

になっています。

頼り方を間違えると進む方向を間違えてしまいます。

バイナリーで最大の長所であるはずが

「最大の弱点」

になっているのです。

メンバーが成長しにくい

先程も少し触れました。

スピルオーバーがあることで

「アップラインに頼り切りになる」

「活動を辞めてしまう」

つまり、スピルオーバーがあることで

「メンバーが成長しない」

という状況になってしまいます。

どんなビジネスでも最初から上手くいくわけではありません。

失敗を繰り返す中で試行錯誤する。

試行錯誤して自分なりの「成功法」を見つける。

「成功法」を少しずつ改善していく。

その過程があってはじめて成功に近づきます。

しかし、最初から

「自分がやらなくてもやってくれる」

状況ができていたら、どうでしょうか。

「よし、自分でも頑張ってやっていこう」

と思う人はごく少数です。

なぜなら、人は楽な方へ流れるのが当たり前だからです。

一旦、楽な方へ流れてしまうと

「自分でビジネスを進めていくんだ!」

という気力を取り戻すことが難しくなります。

時間が経てば経つほど難しくなります。

いつの間にかネットワークビジネスへの情熱が無くなってしまうのです。

グループの絆が弱いまま

あなたがお誘いした人であれば、面識もあります。

直接話したり、LINEでやり取りしたこともあるので

「全くの他人」

ということはありません。

少なくとも

「最近知りあった人」

ということで、一定の関係性は築けています。

しかし、あなたのグループが

「スピルオーバー」

で加わった人が多くなると、どうでしょうか。

人は多くなったかもしれませんが、その多くは

「面識もない赤の他人」

ということになります。

もしかしたら

「新しくグループに加わったこと」

さえも分からない状態で時が流れます。

かつては、セミナーやミーティングに行けば顔を合わせることもありました。

しかし、コロナ禍の影響で直接顔を合わせる機会も減っています。

オンラインでのセミナーやミーティングも浸透しきっていません。

すると、新しいメンバーと

「人間関係を築く」

ことが難しくなります。

あなたがアップラインなら

立場を変えて考えてみましょう。

あなたがアップラインとして、グループの人をまとめなければならないとします。

あなたは一生懸命に新規会員を獲得しようと頑張っています。

しかし、グループの人の多くは

「あなたからのスピルオーバー」

を当てにして、ほとんど活動してくれないとしたら、どうでしょうか。

あなたはグループを維持するために、次から次へ

「新しい人を紹介」

しなければならなくなります。

新しい人をスピルオーバーしてあげなければ、前に登録してくれた人が

「次々と辞めていく」

という最悪の状況になってしまうからです。

あなたはいつまでも、新規会員を獲得するために走り回らなければならなくなります。

でも、それではあなた自身がつぶれてしまいます。

現実は非効率的

ここまで見てきたように、バイナリーは

「理想的な報酬プラン」

のように、表面的には見えます。

しかし、実際のところは、スピルオーバーがあるがゆえに

「克服できない課題」

があるのも事実です。

あなたがアップラインであるならば、スピルオーバーがあるがゆえに

「いつまでも働き詰め」

の状態が続くことになります。

そうです。

バイナリーは、表面的には理想的ですが

「現実は非効率的」

な報酬プランです。

最後はあなた次第

「じゃあ、バイナリーの会社はダメなんですね。」

と、あなたは思うかもしれません。

しかし、現実にバイナリーを採用する会社でも成功している人がいます。

なぜでしょうか。

会社がどのような報酬プランを採用しているのかは、重要です。

同じ成果でも、計算方法が違えば収入も違うからです。

ただ、報酬プラン自体の課題は克服できなくても

「人に関する課題」

は、努力次第で十分克服することができます。

その点を理解していれば、どの報酬プランでも成功に近づくことができます。

ありきたりな表現ですが

「最後はあなた次第」

あなたがどれだけ真っ当にネットワークビジネスをするかにかかっています。

※ネット集客という道があります。

口コミの経験がなくても、ネットを利用すれば、ネットワークビジネスに興味があるだけ人を募れます。

「完全無料」「スマホだけでもOK」「すべてお任せ」でネット集客ができるとしたら・・・

詳しくはコチラ

-MLMで成功するために
-, ,

error: Content is protected !!

© 2020 インターネット(オンライン)集客でネットワークビジネス|副業初心者も着実に成果を上げる! Powered by AFFINGER5