「30万円以上も払いました。」
「水素発生器が子供のためにいいと思って」

最近アイテック(I・TEC)のビジネスを始めたけど、全然うまくいかないという方にお会いすることが多くなりました。

登録するのに30万円以上します。
であれば、登録する前に本当に自分に合っているのか熟慮するものと、普通は思います。

しかし、現実はそうではありません。
事業説明会の雰囲気というものがあります。

「新しい形のフランチャイズビジネスです」

と言われると、私たちは

「そういうものがあるかもしれない」

と思ってしまうからです。
冷静に考えることができなくなっていきます。

ここまで言うと、わかってしまいそうです。
では、客観的に、アイテックが本当に新しい形のフランチャイズビジネスなのか検証してみたいと思います。

アイテックについて

アイテックという会社について、ここから詳細にお伝えしていきます。

会社概要

社名 I・TEC INTERNATIONAL株式会社
代表者 荒見 悠有記
住所 〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-2-2 神田パークプラザ5F

商品一覧

アイテックでは
「MATRIX」
と冠された商品を展開しています。

また、MATRIXシリーズの他に
「水素シリーズ」
も展開されています。

MATRIXスキンケアシリーズ
スキンケア
DDS MATRIX 専用クレンジングジェル(100ml) ¥15,000−
DDS MATRIX スキンリムーバー(50g) ¥5,000-
DDS MATRIX スキンケアソープ(80g) ¥5,000-
DDS MATRIX エキス(5ml) ¥5,000-
DDS エクソソーム 導入エキス(30g) ¥8,000-
DDS エクソソーム 導入ジェル(45g) ¥8,000-
スペシャルケア
nano PDS BODY MAINTENANCE(70g) ¥8,000-
DDS MATRIX EXOSOME EYE SHEET(10回分) ¥8,000-
nano PDS NMN FACE MASK(4回セット) ¥8,000-
DDS MATRIX スキンリムーバー(40g) ¥5,000-
パーツケア
DDS MATRIX 専用エキス リップ用(8g) ¥5,000-
DDS MATRIX 専用 ネイルエキス(2.5ml) ¥5,000-
DDS MATRIX アイラッシュグロー(1.5ml) ¥5,000-
メイクアップ
DDS MATRIX アイライナー(1.5ml) ¥5,000-
DDS MATRIX ブライトファンデ ¥5,000-
MATRIX ヘアケアシリーズ
MATRIX シャンプー(250ml) ¥5,000-
MATRIX コンディショナー(250ml) ¥5,000-
MATRIX スカルプケアエキス(30ml) ¥15,000-
DDS SUPPLEMENT SP100 POWER(60粒) ¥15,000-
デンタルケア
DDS ORAL CX(歯ブラシ4本) ¥1,200-
DDS ORAL CX(歯磨き粉100g) ¥2,200-
ORAL CX MOUTHWASH(500ml) ¥5,000-
DENTAL H2(電動歯ブラシ・専用除菌機付き) ¥39,800-
DDS サプリメントシリーズ
DDS ステムサプリ テロメアプラス(30包) ¥15,000-
DDS サプリメント 水素水(330ml✕30袋) ¥10,000-
DDS SUPPLEMENT 補水液(2L✕6本) ¥5,880-
DDS SUPPLEMENT 補水液(500ml✕24本) ¥6,666-
DDS SUPPLEMENT 酵素パワーペースト(150g) ¥15,000-
水素シリーズ
Sutte 携帯用小型水素吸引器(本体) ¥39,500-
Sutte 携帯用小型水素吸引器(取替カートリッジ) ¥3,900-
POCKETi(水素生成器・310cc) ¥69,800-
無線充電式水素バス ¥149,800-
マルーン(水素マルチポッド) ¥75,000-
水素マルチポッド(1.8L) ¥265,000-
ナノバブルミスト ¥18,390-

商品一覧と、その価格を見てどう思われましたか?
おそらく、全般的に「高い」と思われたのではないでしょうか。

特に、一般の商品と比べやすいスキンケアやデンタルケアの商品については、高く感じることでしょう。

アイテックへの意見

ネット上では、アイテックに関する様々な意見を見ることができます。

もちろん、アイテック自体が新しい会社ということもあり、それほど多いわけではありません。
ただ、確実に日を追うごとに情報が増えていることは間違いありません。

それでは、アイテックがフランチャイズなのかを検証するために、肯定派、否定派、それぞれの意見を見ていきましょう。

肯定派

私は、長年に渡り小さな店舗で細々とネイルサロンを経営しておりましたが、お客様と触れ合うお仕事の為、マトリックスシリーズを知人から勧められて導入する決心をし、ネイルと同時にお客様のお手に塗ることを始めた所、驚く程に良い反応があり今までよりもお客様が増え、何よりもリピーターが増え口コミで広がり、今では安心してネイルのお仕事が出来ています!マトリックスシリーズと出会えて本当に良かったです。今現在、仕事にそしえて1人の愛用者として毎日かかさず使用しております!まさにこれなしではいられない!という感じです。 ネイルサロン経営者様より

製品をビジネスで利用する立場からすると、良い商品であると言えるようです。

私は、マトリックスエキスを愛用者の1人として使っていました。しかし驚くほどいに!肌の改善とシワたるみが瞬く間に再生される実感があり、これは、愛用者ではなく加盟店としてお仕事がしたい!多くの人にこの喜びを伝えたい!そう思い加盟店になりました。今は、ママ友のお友達から始まったのですが、瞬く間に口コミが広まり愛用者から加盟店参加の方々が増えていき、毎日楽しく加盟店のお仕事と美容に健康に励んでいます。もっともっと伝えたいです 二児の母様より

自分を気遣い余裕のないママさんからすれば、良い製品に出会えたと思ったことでしょう。

否定派

ネットで上位30サイトほどを検索してみました。
しかし、アイテックの悪い評判自体を見つけられませんでした。

その理由は、大きく2つあります。

①勧誘サイトが多い

アイテックについて肯定的に書いているサイト。
その多くは、勧誘サイトです。

「アイテックは新しいフランチャイズ」
「製品の効果が高い」
「女性に優しいビジネス」

このような文句で勧誘しています。

上に述べた肯定派の口コミは、会員のものでしょう。
会員であれば、会社の悪口を言うわけがありません。

②他社への誘導

記事のタイトルだけを見れば、アイテックについて述べているように思います。

「アイテックのことが書いてある」

と思ってクリックして読んでみます。

しかし、少し読むとわかります。
書いてあることは、口コミ集客の欠点について。
なんてことはない一般的な話ばかり。

10サイトくらい見てみるとわかります。
金太郎飴のごとく、同じような内容のサイトが有ることを

「他社への勧誘だな」
「勧誘のためにアイテックの名前を使っているな」

ということが見えてきます。

本当にフランチャイズ?

では、本題に入りましょう。

「アイテックはフランチャイズです」

勧誘サイトを見ると、上のような記述が多く見られます。
実際、フランチャイズ(以下「FC」といいます。)とネットワークビジネス(以下「MLM」といいます。)は全く異なるビジネスモデルです。

その条件を1つ1つ見ていきましょう。

講習参加・店舗

FCもアイテックも講習への参加が必要です。
この点は共通であると言えるでしょう。

ただし、その内容が問題です。

例えば、セブンイレブンなどのコンビニではプライベートブランドを扱っています。
大手メーカーのOEMなので、価格も抑えられています。

しかし、FCの講習で自社製品の説明はおまけ程度です。
講習の内容は、FCの契約に関する説明が大半を占めます。

FCの仕組みや契約条件、店舗運営に関するルールなど
経営のノウハウに関するものが講習の内容です。

一方、アイテックは自社製品しか扱っていません。
講習の内容は、会社や商品の説明が大半です。

実際、アイテックのホームページでは、加盟店一覧が掲載されていません。

FCと同じように多店舗展開しているなら、店舗が全国に広がっているはずです。
店舗を持たないのはFCではありません。

会社や商品の説明が大半であれば、MLMとしか言いようがありません。

金銭的負担

FCの場合、加盟金として数百万円が必要です。

会社によっては、店舗開設の費用も負担することもありますが、多くは自己負担分があります。
これも、数百万円程度必要です。

契約期間も15年前後あるので、加盟店を経営する人にとっては、人生をかけるくらいの覚悟が必要です。

一方、アイテックは35万円程度の商品購入が必要です。

ここで疑問が出てきます。
FCは店舗開設が前提なので、数百万円程度の資金が必要になります。
なぜアイテックは35万円なのか?

しかも、商品購入のためにです。

「店舗を持たないのが画期的なんです」

ということでは説明がつきません。
なぜなら、FCは店舗開設が前提ですから。

また、FCの場合は足りない資金を運営会社が金融機関を通じて融資することもあります。
なにしろ、加盟金と店舗開設に関する負担で数百万円です。
一般の人が前金で揃えることは難しいのも事実です。

しかし、アイテックにはそのような制度はないようです。

一個人として35万円の負担は小さいものではありません。
1ヶ月分の給与相当額です。

支払うのにためらわない人はいません。

これも
「フランチャイズなのに35万円で済みます」
ということでは納得できないことです。

そもそもフランチャイズとは異なるのですから。

またアイテックでは、商品の定期購入が必要です。
FCでは、こんな事はありません。

ここまでくると、分かってしまうかもしれません。

肝心な収入は?

アイテックをフランチャイズという人は

「ロイヤリティがもらえるんです」

というのですが、これは「ロイヤリティ」の意味を完全に誤解しています。

ロイヤリティ(Royalty)とは
「特定の権利を利用する利用者が、権利を持つ者に支払う対価」
のことをいいます。

つまり、利用者が権利者に対価を支払います。

では、アイテックの場合、加盟店は「特定の権利」を持っているのでしょうか?

何もありません。
権利は会社が持っています。

「35万円支払って権利を買ったんです」

という人もいるかもしれません。
ですが、35万円はあくまでも商品の購入代金です。

権利の譲渡はそんな金額では不可能です。

FCは、売上から一定のパーセンテージをロイヤリティとして本部に支払い、その残りが収入となります。
厳密に言えば、経費等を引かなければなりません。

FCでは、加盟店となる人を紹介しても紹介料はありません。

一方、アイテックで収入を得るためには、登録料35万円を支払うことが前提で

①商品を小売する
②会員を紹介する
この2つしかありません。

会員を紹介することを「加盟店を募集する」としていますが、本質は変わりません。

収入を得る方法の共通点は「商品を小売する」ことだけです。。

収入を得る方法が見えてきたのではないでしょうか?

時代はネット集客へ

現代でネットワークビジネスが批判を受けてしまうのは、展開方法が

「口コミ集客」

に限られていることも大きな要因の一つと言えます。

本来伝えなければいけないことを伝えない

伝えるべきではないことを伝えてしまう

そんなネットワーカーが多くいたために、ネットワークビジネスが信頼を失う原因になってしまいました。

本当に残念なことです。

口コミ集客の限界

口コミ集客は、戦後、広大な国土のアメリカで、地方の零細企業が自社の製品を広めるために考え出した手法です。

もう70年以上も前の話です。

当時は、新しいビジネスモデルでした。

ビジネスの話をすれば

「そんないい話があるならやらせてくれ!」

と誰もがビジネスに参加しました。

しかし、日本ではいささか事情が異なります。

1970年代から80年代にかけて

「ネズミ講」

が社会問題になります。

会員獲得のやり方、報酬の得られ方について、違いが分かりにくいことから

「MLM=ネズミ講」

という誤った認識が広まってしまいました。

さすがに、現代ではその違いが分からないという人は減りましたが。

また、90年代以降も

「MLMをやれば儲かる」

と言い、ネットワークビジネスに興味のない人まで強引に勧誘するネットワーカーが現れました。

仕方なく製品を買い、始めてみたもののお金が出ていくばかり。

ネットワークビジネスが「被害者」を生んでしまう

非常に残念な状況になってしまいます。

90年代にはインターネットが普及し始めます。

強引に勧誘するネットワーカーの悪評が、ネットを通じて知られるようになりました。

友だちや知り合いに拒否されるようになったネットワーカーは、ビジネス交流会やカフェ会などに参加するようになります。

しかし、ネットワーカーの「悪評」はすでに知られるところとなっています。

ネットワーカーだと分かった瞬間、誰も話を聞いてくれません。

ですから、ネットワーカーのほとんどはわずか数ヶ月でネットワークビジネスから退場してしまいます。

口コミ集客であるかぎり、普通の人が成功することはとても難しい時代になりました。

ネット集客が鍵になる

最近はSNSを利用した集客を認める会社も出てきました。

しかし、SNSとネット集客とは似て非なるものです。

SNSは、場所がリアルからネットに移っただけで、直接の会話からメッセージのやり取りに変わっただけで、その本質は何も変わっていません。

口コミ集客とSNS集客は何ら変わらないのです。

大企業もホームページを持っています。

個人事業主もホームページを持っています。

一般の人でさえブログやホームページで稼ぐ時代です。

ただし、そこにはルールがあります。

「法律」というルールです。

ルールをしっかり守ったうえで、ネットを利用した集客ができなければ、ビジネスを成功させることはできません。

だからこそ、ネット集客がこれからの時代の

「鍵」

になるのです。

結論

アイテックはネットワークビジネスです。

その理由として
①小売の差額が収入になる
(ステアステップ:代理店方式)
②紹介した加盟店の売上の5%が収入になる
(変形のユニレベル)
③新たな加盟店を紹介すれば紹介料が出る
(既存のMLMでは当たり前の報酬)

ステアステップ

小売の差額が出るということは
「会員のランクがあり、仕入れ値が異なる」
ということです。

これは、典型的なステアステップの報酬プランです。

ステアステップは別名「代理店方式」と言います。
紹介者とのタイトルに差がある場合にのみ収入になります。

変形ユニレベル

ユニレベルは、紹介者の段数によって、還元率が変わるシステムです。

直接の紹介者(1段目)
紹介者の紹介者(2段目)
そのまた紹介者(3段目)
・・・

多くのネットワークビジネスでは、段数が深くなるに従って還元率が良くなります。

アイテックの場合は、直接の紹介者の収入から5%が報酬となるのみです。
ということで、変形のユニレベルであると言えます。

紹介料

これは多くのネットワークビジネスで採用されています。

一種の「一時金」です。

紹介を出したときのみ数千円程度支払われます。
ここで差がつくものではありません。

まとめ

登録料として35万円
その後の定期購入が必要

そんなネットワークビジネスをあなたなら選びますか?

冷静になって考えてみましょう。

それだけの価値があると思うなら登録しましょう。
そんな価値がないと思うなら、別の会社を探したほうがいいでしょう。

決めるのはあなたです。