ライフバンテージは、栄養補助食品と化粧品を販売するネットワークビジネス企業です。

一方、報酬プランについて概要は公開されていても、ちゃんと理解している人は少ないのではないでしょうか。

たとえ製品が良いものであったとしても

「初心者の私でも稼ぐことができるかな?」

「稼げる報酬プランなんだろうか?」

と、あなたも思っていませんか?

もしあなたがライフバンデージのビジネスに誘われているなら、報酬プランについて理解することはとても重要です。

ここでは、ライフバンテージの報酬プランについて詳細に検討してみましょう。

ライフバンテージを知る

報酬プランについて知る前に、まずは会社について知りましょう。

(ライフバンテージのHPより引用)

会社概要

名称ライフバンテージジャパン株式会社
代表取締役社長塩川 英一
所在地〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー16階
電話03-6431-7700
ファックス03-6893-3181
営業開始
2013年1月
事業内容
健康食品、化粧品等の輸入・販売

ライフバンテージの目的

身体的健康と経済的健全性が最適化された豊かな世界。それが、私たちの思い描くもの。その実現には、皆さまの幸せが重要だと信じています。だからこそ、最先端のニュートリゲノミクスと躍進するビジネスの機会を融合し、皆さまがレガシーを残せるよう応援します。

Because You Matter. 大切なのはあなたです。

ライフバンテージについて

より健康的で、より豊かな生活、そしてよりよい世界を目指して。ライフバンテージでは革新的なサイエンスを採用し、健康的なエイジングを推進しています。

今の行動が未来の自分を創りあげる
ライフバンテージは、ニュートリゲノミクスと呼ばれる新しい分野のサイエンスに精通しており、ヘルスケアの成果を引き出すために研究、試験、試作を重ねています。それは人間がより長く生きられるように「バイオハッキングする」という最終的なゴールのためです。 ライフバンテージは、世界的トップクラスの研究者たちの「人間の寿命は必ず延びていく」という意見に同意します。しかし、その”超長寿時代”を心から楽しむためには、「健康寿命」を延ばすことが必須です。私たちのサイエンスは単によくなった気分にさせるのではなく、人生を楽しむことへのお手伝いをします。もちろん結果として、それがハッピーな気分にしてくれるでしょう。

エイジングの要因①:酸化ストレス
エイジングの主要な要因の一つは、酸化ストレスであり、それが細胞を徐々に破壊していきます。しかしNrf2たんぱく質が酸化ストレスに対応する力があることが現在の研究ではわかっており、ライフバンテージにおいても研究を続けています。

エイジングの要因②:ミトコンドリアの劣化
エイジングのもう一つの主要な要因は、ミトコンドリアの劣化です。ミトコンドリアの劣化=細胞の力の減少です。身体を効率的に動かしたり、クリアに物事を考え集中するためには、細胞の力が欠かせません。細胞の力が十分なときには、これらのことが難なくでき、気分もよく、長生きにもつながります。私たちはこのミトコンドリアの働きに関する研究も続けています。

充実した人生を送る
寿命を延ばすには、その人生を価値あるものにする責任が伴う、と私たちは信じています。そしてそのことにおいて、身体的健康と経済的健全性は関わってくるのです。私たちは人々に、画期的な製品と、躍進的なビジネスの機会を用意していますが、それは単にサプリメントや報酬プランを提供しているだけでなく、「自分の思うがままに生きるという自由」を提供しているということです。自身が価値あると確信できた製品を伝える、ということからすべては始まります。

ビジネスについて

では、ライフバンテージビジネスについてお話していきます。

報酬プランについて理解することはとても重要なので、しっかり理解しましょう。

会員登録の条件

ライフバンテージで登録するためには、次のパック製品を購入する必要があります。

製品名価格(円)
スタートキット5,500
フリーダムパック39,600
バンテージパック マスター79,200
プラチナパック158,400
プラチナパック コンプリート158,400

スタートキットは消費税込み。

その他の製品は、消費税・登録手数料・送料込みです。

定期購入が必要に

ビジネスをする会員として報酬を受け取るためには

「定期購入」

が必要になります。

どの程度定期購入をするのかというと

「100あるいは200PV」

です。

なぜ2種類あるのかというと、後にお伝えする

「タイトル」

によって必要PVが異なるからです。

ライフバンテージでは

「1PV=120円」

として計算しています。

つまり、ライフバンテージで報酬を受け取るためには

「12,000円あるいは24,000円」

の定期購入が必要になります。

これだけの金額を定期購入することに抵抗はありませんか?

紹介時のボーナス

新規会員を紹介した人に対して支払われるボーナスを

「ファストスタートボーナス」

と言います。

ファストスタートボーナスについては

「新規会員がユーザーかディストリビューターか」

「購入したパック製品は何か」

「あなたの過去の売上がどのくらいか」

によって還元率が異なります。

次の図をご覧ください。

図が見にくいかもしれませんので、改めて表を作りました。

比較的金額の小さい

スタートキット(5,500円)
フリーダムパック(39,600円)

で新規会員が登録した場合は、次の表になります。

過去7週間のあなたの売上PV
200PV~100~199PV
新規会員の種別ディストリピューター30%15%
カスタマー30%15%

比較的金額の大きい

バンテージパック(79,200円)
プラチナパック(158,400円)

で新規会員が登録した場合は、次の表になります。

過去7週間のあなたの売上PV
200PV~100~199PV
新規会員の種別ディストリピューター40%20%
カスタマー30%15%

気を付けていただきたいのは、高い還元率を得るためには、あなた自身も24,000円以上の定期購入をしなければならないということです。

アップも受け取る

新規登録者が出たとき、あなたを含めたアップラインが一定以上のタイトル保持者である場合にボーナスを受け取れます。

このボーナスのことを

「ライジングボーナス」

と呼んでいます。

また、このボーナスを受け取れるのは

「プロ3以上」

のタイトル保持者だけです。

このボーナスは、新規登録者が購入したパック製品によってボーナス金額が異なります。

フリーダムパック(39,600円)
バンテージパック(79,200円)
プラチナパック(158,400円)

このボーナスは、直に紹介を出していないアップラインが受け取るボーナスなので、還元率はさほど大きいものではありません。

タイトルについて

タイトルの話が出てきたので、ここで具体的に見ていきましょう。

ライフバンテージでは、13個のタイトルがあります。

上から

プレジデンシャル
エグゼクティブ
プロ10
プロ9
プロ8
プロ7
プロ6
プロ5
プロ4
プロ3
プロ2
プロ1
ディストリビューター

このうち

「ディストリビューター」

は、ビジネスをする会員として登録した人すべてを指すので、厳密に言えばタイトルではありません。

プロ1以上のタイトルを得るためには、大きく分けて3つ条件があります。

①自己の定期購入PV

②グループ全体のPV

③レッグ(枝)数

それぞれの条件について見ていきます。

まず、自己の定期購入PVですが、先程お伝えした通り

「1PV=120円」

に換算して表に示します。

タイトル金額(円)
プレジデンシャル24,000
エグゼクティブ
プロ10
プロ9
プロ8
プロ7
プロ6
プロ5
プロ4
プロ312,000
プロ2
プロ1

次に、グループ全体のPVです。

こちらも金額に換算して表に示します。

タイトル金額(円)
プレジデンシャル600,000,000
エグゼクティブ240,000,000
プロ10120,000,000
プロ960,000,000
プロ824,000,000
プロ712,000,000
プロ66,000,000
プロ52,400,000
プロ41,200,000
プロ3600,000
プロ2300,000
プロ1120,000

最上位のプレジデンシャルでは「6億円」の売上を、毎月出す必要があります。

一番下のプロ1でも月12万円。

ハードルの上がり方がとても急ではありませんか?

しかも、これらの売上を1つの系列だけで出すだけでは足りません。

そこで出てくるのが、最後の条件「レッグ(枝)数」です。

タイトルレッグ数
プレジデンシャル5
エグゼクティブ4
プロ103
プロ9
プロ8
プロ7
プロ6
プロ5
プロ42
プロ3
プロ2
プロ11

プロ1以外は、それぞれのレッグ(枝)で売上を出す必要があります。

ということは、それだけアクティブな会員を集める必要があります。

タイトルを昇格するための条件について見てきました。

あなたはどう感じられましたか?

グループ全体からの報酬

あなたがグループを作り上げたことによる報酬は

「ユニレベル」

で計算されています。

ユニレベルとは

「各段に設定された還元率を、各段の売上に乗ずることで報酬を算出する計算方法」

のことを言います。

あなたが直接紹介した人は「1段目」
1段目の人が紹介した人は「2段目」

というように考えます。

次の図をご覧ください。

小さくて見にくいので、改めて表を作りました。

プロ1~プロ6(還元率は%)

段数プロ1プロ2プロ3プロ4プロ5プロ6
1222222
2555555
399999
455555
55555
6555
755
85
9
合計72126313641

プロ7~プレジデンシャル(還元率は%)

段数プロ1プロ2プロ3プロ4プロ5プロ6
1222222
2555555
3999999
4555555
5555555
6555555
7555555
8555555
9222222

お気づきのことと思いますが、プロ7以降は同じ還元率です。

最高9段目まで、還元率は43%です。

報酬プランまとめ

ライフバンテージの報酬プランは

「ユニレベル」

になっています。

ただし、大きな還元率を得るためには最上位、あるいはそれに次ぐタイトルを手にする必要があります。

タイトルを得るための条件は、先程も見た通りかなり厳しいものになっています。

その点をしっかり考える必要があるでしょう。

口コミMLMの乱立

「ライフバンテージは素晴らしい」

そう思う前に、考えるべきことがあります。

戦後、日本にネットワークビジネスが上陸してから60年以上が経過しています。

上陸当時は、高度経済成長期の前でもあり、会社の数も多くありませんでした。

バブル経済期(1980年代後半から1990年代前半)でも、およそ300~500社程度と言われていました。

しかし、現代では、事情が異なります。

企業数がつかめない

現代では、およそ2,000社前後のネットワークビジネス企業が存在しています。

「およそ2,000社前後」

というのは、全国で零細ネットワークビジネスが立ち上がっては短期間で消えていくため、実数を把握することが難しいからです。

その約2,000社の会員がそれぞれに

「私の会社の理念は素晴らしい」

「私の会社の報酬プランはすごい」

「私の会社の製品は良いものばかり」

と、口コミで宣伝して集客しています。

でも、よく考えてみてください。

どの会社も、健康や美容に対して貢献しようとしています。

どの会社も、独自の報酬プランを採用しています。

どの会社も、広告宣伝費を使わずに製品開発をしています。

そう考えると、大きな違いはないはずです。

だから、口コミ集客の場合

「簡単に稼げる」

「誘えば誰もが登録する」

という誤解を与える誘い方をしてしまい、ネット上でその勧誘の仕方や悪評が広がることになってしまいました。

会員の奪い合い

一説には、ネットワークビジネスの製品を利用しているユーザーは

「600~630万人」

そのうち、ビジネスをしている会員は

「330~350万人」

と言われており、この数字は十数年ほとんど変わっていません。

なぜなら、口コミ集客のネットワークビジネスでは、短期間で辞めてしまう人が多いからです。

また、ビジネスは辞めてしまっても、製品を愛用する人も一定数いるからです。

当然、ビジネスで成功するために何社も渡り歩く人がいます。

例えば、A社で上手くいかない人が、ある時B社の会員と知り合いました。

「うちの会社はね・・・」

と話を聞いているうちに

「別に権利収入を得られるならB社でもいいよな」

と思い始め、A社を止めてB社で登録し直します。

こんなことは日常茶飯事です。

口コミ集客である限り、同じようなことが繰り返されます。

世間的なイメージが払しょくされないままなので、新たにネットワークビジネスを始める人が少なく、約2,000社が会員を奪い合っている状況が続いています。

時代はネット集客へ

現代でネットワークビジネスが批判を受けてしまうのは、展開方法が

「口コミ集客」

に限られていることも大きな要因の一つと言えます。

本来伝えなければいけないことを伝えない

伝えるべきではないことを伝えてしまう

そんなネットワーカーが多くいたために、ネットワークビジネスが信頼を失う原因になってしまいました。

本当に残念なことです。

口コミ集客の限界

口コミ集客は、戦後、広大な国土のアメリカで、地方の零細企業が自社の製品を広めるために考え出した手法です。

もう70年以上も前の話です。

当時は、新しいビジネスモデルでした。

ビジネスの話をすれば

「そんないい話があるならやらせてくれ!」

と誰もがビジネスに参加しました。

しかし、日本ではいささか事情が異なります。

1970年代から80年代にかけて

「ネズミ講」

が社会問題になります。

会員獲得のやり方、報酬の得られ方について、違いが分かりにくいことから

「MLM=ネズミ講」

という誤った認識が広まってしまいました。

さすがに、現代ではその違いが分からないという人は減りましたが。

また、90年代以降も

「MLMをやれば儲かる」

と言い、ネットワークビジネスに興味のない人まで強引に勧誘するネットワーカーが現れました。

仕方なく製品を買い、始めてみたもののお金が出ていくばかり。

ネットワークビジネスが「被害者」を生んでしまう

非常に残念な状況になってしまいます。

90年代にはインターネットが普及し始めます。

強引に勧誘するネットワーカーの悪評が、ネットを通じて知られるようになりました。

友だちや知り合いに拒否されるようになったネットワーカーは、ビジネス交流会やカフェ会などに参加するようになります。

しかし、ネットワーカーの「悪評」はすでに知られるところとなっています。

ネットワーカーだと分かった瞬間、誰も話を聞いてくれません。

ですから、ネットワーカーのほとんどはわずか数ヶ月でネットワークビジネスから退場してしまいます。

口コミ集客であるかぎり、普通の人が成功することはとても難しい時代になりました。

ネット集客が鍵になる

最近はSNSを利用した集客を認める会社も出てきました。

しかし、SNSとネット集客とは似て非なるものです。

SNSは、場所がリアルからネットに移っただけで、直接の会話からメッセージのやり取りに変わっただけで、その本質は何も変わっていません。

口コミ集客とSNS集客は何ら変わらないのです。

大企業もホームページを持っています。

個人事業主もホームページを持っています。

一般の人でさえブログやホームページで稼ぐ時代です。

ただし、そこにはルールがあります。

「法律」というルールです。

ルールをしっかり守ったうえで、ネットを利用した集客ができなければ、ビジネスを成功させることはできません。

だからこそ、ネット集客がこれからの時代の

「鍵」

になるのです。

まとめ

ライフバンテージの報酬プランについて検討してきました。

あなたはどのように感じましたか?

報酬プランについては、詳細まで理解できたかもしれません。

しかし、重要なのは報酬プランだけではありません。

ネットワークビジネスはこれまで

「口コミ集客」

しか認めていませんでした。

ただ、口コミ集客しか認めていないことの弊害も出てきました。

一部の人が、ネットワークビジネスに興味のない人まで勧誘してしまったことで、ネットワークビジネスに対する悪評が広まってしまいます。

なぜこんなことになったのか。

口コミ集客のネットワークビジネスは、日本で2,000社前後あると言われています。

「乱立」もいいところです。

生き残れる会社はほんの一握り。

だから、無理矢理興味のない人まで勧誘する人が出てしまうのです。

また、インターネットが普及したことで、口コミ集客を続ける意味が無くなっています。

つまり、報酬プランというよりも、報酬プラン以外の点が重要になっているのです。

その点を考えて、参加するネットワークビジネスを選ぶことが大切です。