タッパーウェアブランズ・ジャパン株式会社

食べ物を保存する容器のことを「タッパー」という人がいます。

日本でも保存用容器の代名詞となっている「タッパーウェア」。

日本に上陸したのは、先の東京オリンピックが開催される前年の昭和38(1963)年。

それまで、食べ物を保存しておくという概念のなかった日本で、高度経済成長期に爆発的に普及し始めた「冷蔵庫」。

冷蔵庫の登場と相まって、アメリカ式の生活様式が日本人にも浸透し始めたこともあり、タッパーウェアは、日本の主婦層に受け入れられ利用されていくようになりました。

そして、現在でも保存用容器のリーディングカンパニーとして存在しています。

タッパーウェアブランズ・ジャパンを知る

(タッパーウェアブランズ・ジャパンのHPより引用)

会社概要

会社名タッパーウェアブランズ・ジャパン株式会社
Tupperware Brands Japan LTD.
代表者代表取締役社長
竹本 エリ
事業所等所在地本社:
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル 16F
代表電話:03-6635-8800岡崎ディストリビューションセンター:
〒444-3695 愛知県岡崎市牧平町字岩田3-32
創立年月日昭和38(1963)年4月27日
資本金4億5千万円
事業内容プラスチック製保存容器の製造販売
プラスチック製調理容器の製造販売
各種調理器具、台所用品・家庭電化製品の販売
プラスチック保存容器・家庭電化製品の登録商標(594237)
ポリオレフィン等衛生協議会会員(G-14)
健康食品・化粧品・洗剤の製造販売

タッパーウェア・ジャパンのこだわり

徹底した品質管理

国が定める安全基準はもちろん、一段と厳しいポリオレフィン等衛生協議会の自主規制基準にも合格。さらに独自のテストを重ね、安全な製品をお届けしています。
※タッパーウェア製品は、酸や塩分、アルコール、油脂の多い食品を入れても安心な原料を使用しております。

3/100mm
髪の毛一本の狂いも許さないタッパーウェアの技術

たとえば、普通紙の厚さは0.10mm,髪の毛の太さはは0.07mm。
タッパーウェアの製品は、0.03mmの狂いまで追求して製作されています。
精密な金型から、精度の高いシール(ふた)と本体のかん合を実現、「水もれ防止構造」の製品は、寝かせて収納しておいても水が漏れることはありません。ぜひ優れた機能をお手元でお確めください。

卓越したデザイン

その洗練された機能美が認められ、「ゴーフレックス(※)」、「パーフェクトシェフ(※)」などの製品がグッドデザイン賞を受賞。また、「MMシリーズ」はロングライフデザイン賞を、さらには「ゴーフレックス(※)」は海外のデザイン賞を受賞するなど、国内外を問わず高く評価されています。
(※)現在は販売しておりません。

サイズを組み合わせてシステム収納

形やサイズのバリエーションが豊富だから、食材の種類や量に合わせて容器が選べます。
モジュール設計なので、積み重ねても見た目がすっきり!大きさの違う容器でも、スペースに合わせて効率良く積み重ねることができます。

タッパーウェアブランズ・ジャパンについて

食べ物の保存用容器の代名詞となっている「タッパー」「タッパーウェア」

この言葉は商標登録されていることをご存知でしょうか?

容器の開発者であるアメリカ人、アール・S・タッパーの名前を冠した「タッパーウェア」、その開発のきっかけは第二次大戦中にまで遡ります。

タッパーは、第二次大戦中に勤務していた化学製品会社で、とある物質と出会います。

それが「ポリエチレン・スラグ」です。

ボリエチレン・スラグの可能性に気づいたタッパーは、何度も精練に取り組み、軽くて半透明で無臭、柔軟性・耐水性に優れ、高温にも低温にも強いポリエチレン

「Poly-T」

の開発に成功しました。

この「Poly-T」を用いて製品化したのが「タッパーウェア」です。

タッパーが開発した、もう一つの画期的構造は

「エアタイトシール(密封するフタ」付きのボール」

です。

フタを本体よりわずかに小さく作ることで、より高い密封性を実現しています。

この独自技術による保存用容器は、アメリカの主婦層だけでなく、世界各国の人たちに受け入れられています。

まとめ

タッパーウェアブランズ・ジャパンでは、「デモンストレーター」という名の代理店として登録してビジネスをスタートします。

登録条件は

「30,000円以上の製品購入、またはスターターキット(16,000円)の購入」

「ディストリビューターとの面談」

「合計3回のセミナー参加」

となっており、気軽にデモンストレーター登録ができるというわけではありません。

登録により製品を会員価格で買うことができ、それを小売することによる差額が収入になります。

その他にも各種ボーナスがあります。

登録に一定の条件を課しているのは、タッパーウェアというブランド力を維持するため、コンプライアンスに力を入れているからであると言えます。

タッパーウェアでビジネスを始めようとお考えならば、まずは製品の確かさを実感して、申し込まれることをオススメします。

株式会社TIENS JAPAN

TIENS JAPANは、ネットワークビジネス企業にしては珍しい、中国に本社のある会社です。

製品自体は、栄養補助食品や日用生活品、スキンケア・基礎化粧品を中心にした構成で、多くのネットワークビジネス企業とラインナップは似ています。

しかし、中国に本社を持つ企業だけあって、その根底には東洋に古くから伝わってきた「養生」の文化があります。

自然に存在するものを陰陽五行思想によって分類し、その組み合わせによって、人体に対する影響を考えます。

東洋の「養生」文化に基づいた製品を開発するネットワークビジネス企業は、数少ない貴重な存在です。

また、TIENS JAPANは、世界190カ国で展開する企業です。

東洋の思想を、製品に込めて発信し続けている企業という意味でも稀有な企業と言えるでしょう。

TIENS JAPANを知る

(TIENS JAPANのHPより引用)

会社概要

社名
株式会社TIENS JAPAN (Tiens Japan Inc.)
所在地
東京都港区赤坂3-9-2 6F
設立
2007 年 1 月
事業開始
2007 年 9 月
代表取締役社長
李 金元
資本金
5,000万円
事業内容
栄養補助食品およびパーソナルケア製品の製造・卸売
所属団体公益社団法人 日本訪問販売協会 正会員
AIFN(国際栄養食品協会) 日本化粧品工業連合会
協賛団体一般社団法人日本カーボンオフセット(CARBON OFFSET JAPAN)

コーポレートメッセージ

五大陸をまたぎ、世界190の国と地域で事業を展開しているTIENSグループの中核を担う拠点として、2007年にTIENS JAPANは事業を開始しました。
以来、刻々と変わる日本の社会環境の変化に対応し、高品質な製品、持続可能な収入を実現するビジネスチャンスを提供し続けております。
人生100年時代ともいわれる現在、残された時間はそれぞれ違いますが、かけがえのない経験の連続として、幸福で充実した人生を送りたいと誰もが考えているのではないでしょうか。TIENS に携わることで、そしてあなたの努力次第で、それを実現できるかもしれません。

TIENS JAPANは李金元董事長が提唱する「一体多翼」政策を推進するために、様々なチャレンジをしていきます。
新しい事業への挑戦、拡大、そしてそれぞれの分野にて事業がシナジー効果を生むことにより、存在感のある企業へと成長してまいります。
移り変わる時代の中で、ひとりでも多くの方の思い描く未来を実現するお手伝いをしていくことが我々の使命です。
夢や目標をあきらめない環境、努力とその結果に報いる報奨、持続可能な健康と社会を、TIENS JAPANはこれからも提供し続けます。

製品コンセプト

TIENS JAPAN(ティエンズ ジャパン)は、東洋に伝わる養生文化と最新テクノロジーの融合により健康と持続可能な社会を目指します。

東洋には自然の摂理に基づき、健康な身体と精神、環境を整えることで健全な生活を送ることが可能になるという考え方、「養生文化」が何千年と受け継がれています。自然な食物から栄養を補い、ヨガや太極拳といった身体・精神をリラックスさせる技術、ハーブによる療法などによって、病気を予防し、健康を維持してきた歴史があります。現代に生きる私たちは化学物質に囲まれ、食の安全が問われ、環境破壊が進み、様々なストレスにさらされています。

また、個人が生きていくのみではなく、私たちの子孫が健康に生き、社会を持続させられるかをも問われています。TIENS JAPANは、TIENSのDNAである「養生文化」の考え方と最新のテクノロジーを融合し、個人の健康のためのみではなく、ひとと地球環境がバランスを保った持続可能な社会の実現にむけて何ができるのかを提案していきます。

TIENS ウェルネスフィロソフィー

TIENS JAPANは「養生文化」をベースとする独自の健康哲学である”TIENS WELLNESS PHILOSOPHY”の下に成分や製品の研究、開発を行っています。 体内の余分な物質を取り去る「清浄」~心身の機能を「調整」~必要な栄養分を「補強」の3つのステップを繰り返すことにより、健康で美しい身体「予防」へと導きます。 この考え方はひとの健康維持の哲学であり、また、地球環境の健康維持により持続可能な社会を実現するための哲学であるともいえます。つまりWELLNESSとはすべての環境が健康であることを意味しています。

清浄
現代は様々なストレスや有害物質に満ちあふれています。身体に悪影響を及ぼす余分な物質を取り除くことが「清浄」です。たとえば、酸化された脂質が肌や腸から浸入することを防ぐこと、有害物質を排除する植物の力を利用してクレンズやデトックスをすることが現代人には必要です。

調整
神経、免疫、内分泌は外界の刺激や老化により乱れます。高まりすぎや逆に低すぎる場合は好ましくなく、プラスマイナスゼロの状態に「調整」することで刺激に対応しやすくなります。たとえば、肌の生理状態に合わせて植物エキスを選ぶこと、精神的なストレスに対して香りでリラックスすること、免疫を調整するキノコや乳酸菌などを取り入れることが大切です。

補強
有害物質や加齢は細胞や身体にダメージを与え障害に至ります。正常な細胞の機能を補うことが「補強」です。たとえば、関節の材料となるエキスを取り入れ、補うこと、紫外線や酸化物質により痛められた肌や身体を抗酸化成分で補うことが必要です。

予防
生体レベルで清浄、調整、補強を実施することが、自らの身体を正しく維持する「予防」です。病気になることを事前に防ぐというだけではなく、細胞と生体の再生と修復力を高めるという積極的な行いです。たとえば、植物エキスや抗酸化成分を取り入れて老化を遅らせることも大切です。

まとめ

TIENS JAPANは、マーケティングプランについてHP上で公開しています。

これは、本当に珍しいことです。

多くの企業は、マーケティングプランの詳細については、自社のセミナーなどへ来た人にしか伝えない傾向があります。

なぜなら、事前にビジネスに関する情報が流れることで、マーケティングプランの難易度がわかってしまい、人が集まらなくなることを避けるからです。

しかし、TIENS JAPANはすべて公開していると言っていいでしょう。

プラン自体はバイナリーです。

ホームページ上で「コンペンセーションプラン(報酬制度)」について記載されているページを読むと

あなたのダウンラインのレベルを最適な深さになるように左右に振り分け、左右同レベルマッチに対して取得できるボーナスです。

という部分があります。

「左右に振り分ける」

「同レベルマッチに対して」

つまり、2つの系列の小さい方に合わせて報酬が支払われることを意味しているため、バイナリーであることがわかります。

バイナリーについては、何度もお伝えしてきました。

バイナリーの特性を理解した上で、TIENS JAPANのビジネスに参加するかどうかを決めましょう。