株式会社NIKKEN

NIKKENは、健康器具や水関連商品、サプリメントなどを取り扱うネットワークビジネス企業です。

ただし、商品の詳細については、会員や紹介者にのみ閲覧できるようになっており、その詳細を一般の人が知ることはできません。

NIKKENを知る

(NIKKENのHPより引用)

会社概要

社名株式会社NIKKEN
本社〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-13-17
TEL.092-714-1721(代表)
九州工場〒820-0609 福岡県嘉穂郡桂川町吉隈430-37
NIKKENインターナショナル会長
代表取締役兼CEO
カート・フーリ
代表取締役社長竹内 陽二
設立1975年
事業内容医療機器及び健康関連商品の製造販売

企業理念

NIKKENは商品を通じて総合的な健康を提唱するグローバル企業です

NIKKEN理念および商品は、世界30ヶ国以上に地球規模で拡がり続けています。また、世界有数の医療機関、磁場研究機関、整体学機関などとのパートナーシップを結び、独自の研究ノウハウを持つ希有な企業として世界的にも注目を浴び続けています。

◆5つの健康はNIKKENの代名詞

「身体的健康」と「精神的健康」を基本にして社会最小単位である「家庭的健康」、社会とのつながりや貢献といった「社会的健康」、ゆとりをもたらす「経済的健康」からなる5つの健康をNIKKENは創業より一貫して提唱し続けています。

身体的健康 Body

日常生活の中で身体の健康管理を考え行動することは、バランスのとれた生き方を営むうえで重要なことです。栄養のバランス・適度な運動・快適な睡眠を心がけ、生命活動が常に健全に保たれた状態こそが真の身体的健康です。

精神的健康 Mind

心と身体は相互に作用し合ってます。愉快な出来事や楽しいことを思い浮かべることで身体は快適な状態へと導かれます。また体調が良いと精神面にも良い影響を与え、感情や心のバランスも整ってきます。

家庭的健康 Family

家庭は社会を築く柱であり、その根底には家族の一人ひとりがお互いを大切に思いやる心があります。希望と未来ある健やかな家庭づくりも私たちが目指す5つの健康には欠かせない要因です。

社会的健康 Society

私たちは職場や地域を通じ、社会と密接な関係にあります。仲間や友人も例外ではありません。様々なかたちで社会へ参加することも健康でゆとりある生活を送るために大切なことです。社会の一員として貢献し、公私共に向上することで豊かな人間関係を築いていけるのです。

経済的健康 Finances

経済的環境に充実を図ることは精神的にも前向きになります。ゆとりを持つことで心や身体、家族、仲間に対して”本当はしてあげたいこと”を可能にするのです。

ビジネスについて

NIKKENは、ビジネスについてホームページ上でも公開していません。

ただし、設立が1975年と40年以上前であることから、マーケティングプランは

「ステアステップ(代理店方式)」

である可能性が高いと思われます。

40年前といえば、ネットワークビジネス企業自体も多くない時代で、ステアステップでも十分稼ぐことができました。

しかし、40年以上が経ち、状況も変化しています。

あなたがNIKKENのビジネスについて興味があるならば、まずは商品を使ってみることです。

紹介してくれる会員を見つけ、購入してみてください。

その金額に見合うだけの勝ちがあると感じられるのであれば、ビジネスに参加してもいいでしょう。

まずは、そこから始めてみてください。

日健総本社

藻の一種であるマイクロアルジェを利用した商品を、幅広く展開してる日健総本社。

マイクロアルジェとは、現在ある様々な植物の源流とも言える藻の一種で、約20億年前に地球上に誕生した原始の藻まで遡ると言われています。

マイクロアルジェにつながる藻が地球上に誕生したおかげで、地球上の生物に酸素が共有されるようになっていきました。

また、地球上に降り注いでいた強力な紫外線が、藻のおかげで遮られるようになり、生物が生きられる環境が整えられていきました。

その藻の力を受け継いでいるのが「マイクロアルジェ」です。

地球上のあらゆる環境の変化を生き抜いてきた藻を祖先に持つマイクロアルジェ。

マイクロアルジェが、人の健康に有益であることは容易に想像できるでしょう。

日健総本社を知る

(日健総本社のHPより引用)

会社概要

本社岐阜県羽島市福寿町浅平1-32
Tel.058-393-0500
東京支社東京都中央区日本橋2-12-6 ムツミビルヂング7F
Tel.03-6910-3211
九州支社福岡県福岡市博多区博多駅東2-9-25 アバンダント84 1階
Tel.092-471-0722

100年構想

マイクロアルジェを含む微細藻類の研究開発が進んでいます。

なぜなら、微細藻類は、人の健康や幸せに貢献できる植物だからです。

日健総本社のクロスタニン事業は、食品をはじめ、肥料・飼料など、野菜や果物などを生産する際に栄養分となるものも開発しています。

それだけ、マイクロアルジェを応用できる範囲が広いからであるとも言えるでしょう。

創業当時に打ち立てられた「100年構想」。

現在は、当初の計画よりも速いスピードで、マイクロアルジェを利用したクロスタニン事業が展開しています。

高度経済成長期、バブル経済期、失われた20年を経た今。

環境に配慮しない企業は、世界的に評価されなくなっています。

環境に配慮する一環として、微細藻類の研究開発や商品の普及は、健康問題だけでなく環境問題を解決するための要素の一つになりうるのです。

微細藻類の注目されている成分の一つに、活性多糖体があります。

微細藻類は約2,3万種あるにもかかわらず、研究が進んでいるのはマイクロアルジェを含むほんの一部の藻類でしかありません。

これから微細藻類の研究開発が進めば、健康問題や環境問題に貢献できる機会も増えていきます。

微細藻類にはそれだけの可能性があります。

まとめ

日健総本社では、ビジネスメンバーのことを

「クロスタニンオーナー」

と呼んでいます。

ホームページ上では、それ以外のことについては明らかになっていません。

基本的には代理店方式で、会員価格で仕入れた商品を定価で販売することによる差額で収入を得るシステムであると思われます。

老舗企業は、商品を本当に愛用してくれる人をビジネスメンバーとして教育し、地道に販売網を拡大していきます。

日健総本社も、同じような考え方のもとビジネスをしているのでしょう。

商品に興味のある方はぜひ、同社に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

株式会社日本ベスト

日本ベストは、サプリメントと美容機器を提供するネットワークビジネス企業です。

サプリメントの原材料として用いられている成分は、他のネットワークビジネスで提供されているものと特別変わったことはありません。

一方、美容機器はグループ会社で開発したものであり

「体を温める」

という視点から製作されています。

ただし、サプリメント3種類、美容機器2種類と、ネットワークビジネス企業としては取り扱う製品数が少ないのも事実です。

製品数が少ないのにもかかわらず、一定程度の売り上げを上げているということは、製品を愛用する会員が多いことが窺えます。

日本ベストを知る

(日本ベストのHPより引用)

会社概要

商号 株式会社 日本ベスト
所在地〒220-0042
神奈川県横浜市西区戸部町6-209
電話:045-322-1717 FAX:0120-470717
創立年月日平成4年4月5日
資本金2,500万円
代表者代表取締役社長 真壁 孝仁
事業内容医療機器、健康・美容機器・器具、健康補助食品及び化粧品等の開発・販売
取引銀行りそな銀行横浜西口支店
かながわ信用金庫戸部支店
主要仕入先伊藤超短波株式会社
株式会社ベステック
株式会社ベローナ・ケイ
株式会社皇漢薬品研究所

日本ベストの理念

1.感謝と奉仕
2.人々の縁を大切に
3.地域社会貢献

日本ベストは3つの理念を中心に、よりよい環境・価値観を会員の皆様へご提供いたします。

コンプライアンス

近年、大企業や官公庁を含め、あらゆる業界で不祥事が相次いで起っています。

コンプライアンスという用語は、法令遵守義務という意味ですが、不祥事の多くが法令という枠組みを超えて、人間としてなすべき道理や倫理を意識しない行為が目立つようになった為に広い範囲の意味で使用されるようになりました。

私たち日本ベストはモラルハザード(道徳の欠如、倫理の欠如)を防止する為に、単に法令遵守という限定された内容を超えて、JBMファミリー会員規約の遵守、さらには倫理観をもった行為に至る広い意味で、全国の会員に対して講演や研修の他、道徳教育などを含めたさまざまな教育方法を工夫し、ルール違反をした会員に対しては厳しく指導をし、悪質な内容に対しては会員資格剥奪処分や法的手続きをとるなど、単にルールブックや規約を作るだけではなく、確実に実施しています。

日本ベストは社会正義に反する事無く、人々の欲求を充足させ、自分の立てた目標を達成させる過程を成功の基本と考えます。
妥協の人生は三流 満足の人生は二流 挑戦の人生は一流を信条として活動いたします。

日本ベストは消費者保護の観点から、コンプライアンスに積極的に取り組むと共に、お客様やビジネス会員の方々に本当に喜んでいただける会社作りを目標としています。

ビジネスについて

日本ベストは、ビジネスの内容についてホームページ上で一切公開していません。

それは、上にも述べたように、コンプライアンスの観点から安易にビジネスに関する情報を外部へ出したくないと思われます。

一旦外部に出してしまうと、一般の人はもとより、会員に対しても、伝え聞いたことと異なる内容が少しでも含まれていると会員離れにつながってしまうからです。

しかし、コンプライアンスという面からすれば、ビジネスの内容についても一般に公開すべきではないかという意見も当然出てきます。

その点が今後の課題と言えるでしょう。

株式会社ノエビア

1964(昭和39)年創業のノエビア。

魅力的な外国人女性を起用したCMで、女性の美しさを表現し、会員数を伸ばしてきた老舗のネットワークビジネス企業です。

売上ランキングでも常に上位に顔を出しているので、あなたも名前くらいは見たことがあるかもしれません。

ハーバルスキンケアを追求する中で、人が古代から様々な植物を利用してスキンケアをしてきたことに注目し、有効成分の研究を行ってきました。

2500種類の植物エキスを研究してきた結果、2016(平成28年)11月30日時点で147件の特許を取得するという、素晴らしい成果を生み出しました。

ノエビアを知る

会社概要

社名株式会社ノエビア (英文表記)Noevir Co., Ltd.
本社
神戸本社
〒650-8521
兵庫県神戸市中央区港島中町6-13-1東京本社(青山)
〒107-0062
東京都港区南青山1-2-6 ラティス青山スクエア 5F
創業1964年(昭和39年)4月
資本金73億19百万円
役員代表取締役社長 海田 安夫
常務取締役   籾井 純一
取締役     松下 幸蔵
取締役     関 泰三
常勤監査役   塩谷 渉
※2018年11月27日現在
事業内容化粧品、医薬部外品の製造販売
事業所〈営 業 部〉 仙台、東京、名古屋、近畿、広島、福岡 (全国約50拠点を管轄)
〈研究所・工場〉滋賀

企業ポリシー

(ノエビアHPより引用)

自然を科学する

ノエビアは、「自然を科学する」を企業ポリシーに、国内におけるハーバルスキンケアのパイオニアとして、設立以来、植物研究と成分分析を続けています。それは、どのような環境にあっても生き抜く植物にこそ、女性の美しさを輝かせるちからがあることを確信しているからです。

直接肌につける化粧品に高い安全性を求めるようになった1970年代、ノエビアは世界各地をリサーチし、ドイツ南部に広がる黒い森「シュヴァルツヴァルト」に着目しました。この地では、古くから植物療法が行われ、黒い森に生育する植物を化粧品に応用していたのです。ノエビアは、植物成分配合の化粧品の開発をスタートし、1978年、ノエビア初のハーバルスキンケアとして「ノエビア80」を誕生させました。

以来、植物の有用性や安全性を解明し化粧品に生かすために、日本国内はもちろん、世界の秘境にいたるまで研究者自ら足を運んで植物を採取し、2,500種に及ぶ植物エキスを調査、研究しています。これまでに取得した植物成分の特許数147件※は、植物研究のパイオニアとしての証でもあるのです。 また、肌にとっての自然を極めるため、肌に本来備わった皮脂膜に近い化粧品を追求。さらに、成分の肌への効果や美肌のメカニズムの遺伝子レベルでの解明や、肌だけでなく心に響く化粧品の可能性を解き明かす脳科学分野の研究など、常に最先端を見つめ、「自然を科学する」ポリシーを進化させ続けています。

※2016年11月30日現在

ノエビアについて

ノエビアは、女性向けのスキンケア・化粧品を取り扱っていながら、売上が常に上位にランクされるという、根強い女性からの支持を集めている会社です。

そういう意味では、他のネットワークビジネス企業とは異なります。

日本各地にある「ノエビアビューティースタジオ」約1900店舗を中心に、若年層を開拓することで、その後のリピートを上手く出していると言えるでしょう。

また、東京・大阪・名古屋・京都・札幌にあるノエビア直営店では、顧客に対する丁寧なカウンセリングや各種レッスンを提供することで、顧客を惹き付けています。

一方、若年層の意見を集めるテストマーケティングにも力を入れています。

そうした顧客の声を販売の現場に反映させることで、売上につなげています。

2015(平成27)年10月には、化粧品GMPの国際規格である「ISO22716」を認証取得して、一層の安全性や品質の高さを実証しています。

まとめ

ノエビアでは、代理店方式でビジネスが行われています。

一般価格と代理店価格との差額分で利益を出す仕組みです。

また、売上額が多くなればなるほど代理店価格が安くなるので、差額分が大きくなり、より収入に結びつきます。

頑張れば頑張るほど収入に結びつくことも、全体の売上を伸ばしている大きな要因の一つであると言えます。

「美」に関心のない女性はいません。

そういう意味では、女性ができるビジネスとして定着してきたことも頷けます。