MLMで成功するために

「ネット集客=記事量産」と思っているとネットワークビジネスでも成功できない

「記事をたくさん作りなさい」
「最低1000記事は書かないといけない」

そうアップラインから言われたという方に出会うことがあります。

サイトやブログを使ったネット集客
一度構築すれば半永久的に集客

とても魅力的ですよね。

口コミ集客に疲れた
嫌われてばかりだった
成果が全く出なかった

そんな経験をしたあなただからこそ、ネット集客に賭けているのでしょう。

その気持ちはわかります。

記事を量産するだけでいい
量産だったらスキマ時間で出来る
頑張れば1000記事いけるかも

そう思って今まで頑張ってきたのでしょう。

その努力は素晴らしいです。
他の人には真似できません。

ただ、その努力は全く活かされていません。
本当に残念な話ですが。

なぜそんな事になってしまうのでしょうか?

その理由を解き明かしていきます。

勘違いしてませんか?

「ネット集客=記事量産」

そう思ってしまうのには理由があります。
しかし、本人も気づいていません。

それが「当たり前」だったからです。

当たり前のことを心理学的に言うと
「コンフォートゾーン」
と言います。

しかし、自分が変わりたいなら
「コンフォートゾーン」
から抜け出さないといけません。

でなければ、成功から遠のきます。

そこに気づくきっかけになればと思います。

アフィリエイトではない

「ネット集客=記事量産」

と思うのは、ネットビジネスのやり方をそのままネットワークビジネスに持ち込めると思い込んでしまったからです。

ネットビジネスでも、この場合
「アフィリエイト」
のことを指していると考えてください。

アフィリエイトが流行りだした頃
「量産サイト」
がネット上に溢れました。

同じ商品、同じサイトの形。
色使いや文章の一部だけが違う。
内容を見れば全く同じ。

検索で上位表示されているサイトの多くが、このような「量産サイト」ばかりになった時期がありました。

アフィリエイトをしている方からすれば
「よし上位表示された!」
と思うことでしょう。

しかし、ネットを利用する側は
「なんでこんなサイトばっかりなんだ💢」
と思います。

自分が知りたい情報を得るために、検索する言葉を一から考えなければならなくなります。

これは面倒なことです。
時間がかかります。

ネットが普及していた時代なら、それでも良かったのかもしれません。
量産サイトがあっても。

しかし、時代は変わりました。

1人1台スマホを持つ。
満員電車でも動画を見る。
LINEでいつでもコミュニケーション

そんな時代です。

みんな「良い情報」を求めています。
みんな「質の高い情報」を求めています。

量産サイトでは満たせません。

Googleも時代に反応します。

Googleから嫌われる

Googleは検索のアルゴリズムを変えます。
頻繁に変えます。

検索順位を上げるために
「キーワードを入れよう」
「タイトルを工夫しよう」
「メタタグを入れよう」

など、テクニック的なものはネットでも多く語られています。
それも大切なことではあります。

しかし、最も大切なことは別にあります。

これは、ネット検索だけではありません。
ビジネスをしているなら気づいているはずです。

それは
「カスタマーエクスペリエンス」
(Customer Experience)
通称「CX」です。

商品やサービスを利用した時の体験。
その体験が良ければ、また利用する。

そのサイクルを繰り返して、大きくしてもらうことが重要になってきます。

ネット検索の場合はどうか。

検索するとき私たちは
「知りたい情報を見つけたい」
と思って検索するはずです。

それも
「できるだけ早く見つけたい」
と思って検索するはずです。

なのに出てくるのは量産サイトばかり。
あなたならどう思いますか?

「Googleは使えない」

検索自体をやめることはありませんが、そう思ってしまうはずです。

Googleもそのような評価を受けてしまうと、ネット広告の出稿依頼などに影響が出てしまいます。

広告は大きな収入源です。
収入源が減ることは死活問題です。

だから、量産サイトへの評価を下げます。
上位表示させないようにします。

それまで月数十万円以上稼げていたスーパーアフィリエイターが、アルゴリズムの変更で月数万円の収入に落ち込みました。

そんなことも起こっています。

つまり、テクニックに頼ったサイト作りはもう通用しません。
時代が求めていないからです。

Googleも時代のニーズに合わせてアルゴリズムを変えています。

本質的なものが求められる時代になっているのです。

MLMの本質

ネット集客は、ネットワークビジネスに限らず成功するための鍵になります。

ただし、ネットワークビジネスであることを忘れてはいけません。
ネットビジネスではありません。

そのところを間違えてしまうと、大変です。

ダウンの成長が全て

ネットビジネス、アフィリエイトは自分だけの成長を考えれば済みます。

サイト構築
キーワード選び
文章の書き方

あなただけが理解していれば済みます。

しかし、ネットワークビジネスはそうはいきません。

あなた自身のグループが大きくならなければ、あなた自身の収入も増えていきません。

どういうことかわかりますか?

あなたのグループを大きくするのはあなたではありません。
あなたのダウンになる人たちです。

あなただけがやり方を知っていても意味はありません。
ダウンさんが理解できて、下の人たちに広げられることが重要です。

そう「金太郎飴」です。

グループを大きくしていくためには、あなた以外の人が、あなたと同じやり方を再現できることが大切です。

いわゆる「再現性」です。

環境も違う
叶えたいことも違う
理解する力も違う

そうしたダウンさん全てが、同じやり方を実践できるようになってはじめてグループが大きくなっていきます。

そのためには
「自分だけが分かっている」
状態から卒業しなければなりません。

自分も成長し続ける

何かを人に教えたことがある人なら分かるでしょう。

「第三者に理解してもらう」

ということがどれほど難しいか。

同じもの
同じ言葉
同じ映像

それぞれを見たり聞いたりしても、感じることは全く違います。

同じであることを求める方が間違いです。

であれば、誰が見ても聞いても理解できる
「最大公約数」
を作ることが重要になります。

そのためには、自分以外の視野で見る感覚を養わなければなりません。

勘違いして欲しくないのですが、難しいことをする必要はありません。

難しいことはしないでください。

難しいことを難しく伝えるのは誰でもできます。
難しいことでもシンプルに伝えられるのが「実力」ということです。

私たちは、シンプルなことを難しくしてしまいがちです。

シンプルなことはシンプルなまま伝えましょう。

それができるようになるためには、あなた自身が成長することが必要です。

「人は、自分が成長したところまでしか人を導けない」

それを肝に命じておきましょう。

ONE TEAMとして

2019年ラグビーワールドカップで流行した

「ONE TEAM」

ラグビーには以前から

「One for all. All for one」

という言葉があります。

「一人はみんなのために、みんなは一人のために」

素晴らしい言葉です。

ネットワークビジネスは、アップライン一人が成功するためにあるのではありません。

グループ全員が成功するために、それぞれができることで貢献することが重要です。

そのために、普通の人でもできるために
「金太郎飴」
であることが大切になってきます。

誰もが最初は素人です。

素人だからできることは限られます。

その中で効率よく結果を出していく。

そのための「金太郎飴」です。

決してプロになる必要はありません。
プロになろうとするから失敗します。

素人でも少し練習すれば再現できること
それだけを繰り返していく。

それがグループを大きくしていく第一歩です。

まとめ

ネットワークビジネスとネットビジネス(アフィリエイト)を混同している人がいます。

アフィリエイトは、自分だけが成長していけば稼げます。

ただし、今の時代、アルゴリズムの変更でアフィリエイトで稼ぐことは難しくなりました。

多くのアフィリエイターは
「サイトが資産である」
という考えを持っていないからです。

一方、ネットワークビジネスは「人との繋がり」が基本です。

自分だけが成長すればいいわけではありません。
ダウンさんを成長させることが重要です。

だからこそ「金太郎飴」ができる体制が必要です。

それさえ整えれば、ネットワークビジネスの方が成功により早く近づけます。

選ぶのはあなたです。

-MLMで成功するために
-, ,

error: Content is protected !!

© 2020 インターネット(オンライン)集客でネットワークビジネス|副業初心者も着実に成果を上げる! Powered by AFFINGER5