ニナファームは、「抗酸化」「アンチエイジング」に関する製品を提供しているネットワークビジネス企業です。

一方、ニナファームの報酬プランについて知る人は少ないのではないでしょうか。

「ニナファームのビジネスに誘われているんだけど・・・」

「自分でも稼げるのか全然分からないし・・・」

あなたもこう思っていませんか?

あなたが副業初心者、ネットワークビジネス初心者であれば尚更、報酬プランについて理解することはとても重要です。

初心者のあなたでも成功しやすい報酬プランになっているのかどうか、具体的に検証していくことであなたの可能性を探っていきましょう。

ニナファームを知る

報酬プランの話をする前に、まずは会社の概要を知りましょう。

(ニナファームジャポンのHPより引用)

会社概要

社名株式会社ニナファームジャポン
所在地東京都中央区銀座7-13-10 損保ジャパン日本興亜銀座ビル 7F
支店
福岡支店
福岡県福岡市博多区美野島1丁目4-3札幌支店(店舗)
北海道札幌市東区北15条東1丁目1-28 サニープレイス151
資本金1,000万円
取締役会長ベジット・イディアス
代表取締役社長那須 みずほ

ニナファームの始まり

フランス ニナファームは、1993年、マーヴィン・イディアス博士の科学的リーダーシップのもと、ベジット・イディアス博士、T・メルシエ博士を中心に、科学者たちの想いを結集し、設立されました。

ニナファームの抗酸化研究・開発は創立以来常に先端を走り続けています。その原動力は、抗酸化研究の最高峰といわれる世界抗酸化学会<ISANH>の会長をマーヴィン・イディアス博士が務め、強い連携が保たれているからです。

また、フランス抗酸化協会など、世界中に広がるさまざまな抗酸化研究機関に太いパイプを持ち、いち早く最新情報を共有できる立場にあります。

ニナファームは、抗酸化に関するさまざまな分野のエキスパートが集い、最新の情報を基に研究・開発できる画期的なシステムを持つ会社なのです。

ニナファームの由来

ニナファームの社名には下記の意味が込められています。

Nutraceutical(ニュートラシューティカル)
・・・医薬品レベル
Innovation(イノベーション)
・・・技術革新
Nano(ナノテクノロジー)
・・・独自のナノ化技術
Active(アクティブ)
・・・活性物質
PHARMaceutical(ファーマシューティカル)
・・・製薬

ニナファームジャポンについて

抗酸化物質が知られるようになったのは、1969(昭和44)年。

SOD(スーパー・オキシド・ディスムターぜ)という抗酸化物質が、フリドヴィッチ博士とジョー・マッコード博士によって発見されました。

その後、抗酸化物質の研究促進のために、世界抗酸化学会が、マーヴィン・イディアス博士によって設立されます。

フランスにあるニナファーム本社は、このマーヴィン・イディアス博士によって設立されます。

マーヴィン・イディアス博士の他、ニナファームジャポンの会長であるベジット・イディアス博士、T・メルシエ博士など、抗酸化物質研究の第一人者が研究に携わるようになりました。

ニナファームは、世界抗酸化学会と提携して抗酸化物質を利用した製品の開発。販売をしています。

そのため、ニナファームは、抗酸化物質における世界のリーディングカンパニーとも言えるでしょう。

ビジネスについて

では、ニナファームのビジネスについてお話していきます。

まずは、会員登録することが必要になります。

会員登録の条件

ニナファームで会員登録をするためには

「定期購入」

が条件となっています。

仮に、サンテアージュ OX-288という製品を購入するとします。

その場合、初回購入分として以下の金額が必要になります。

希望小売価格15,120円(税込)
配送手数料900円(税込)
合計金額16,020円(税込)

定期購入にすると、ビジネスを維持するために同じ金額を毎月支払う必要があります。

3ポジションも可

ニナファームでは、登録時に

「3ポジション」

を取ることも可能です。

「『ポジション』ってどういうこと?」

と、あなたは思うかもしれません。

後で詳しくお伝えしますが、ニナファームが採用している報酬プランは

「バイナリー」

です。

図にすると次のような形になります。

3ポジションとは、あなたのすぐ下にある2つのポジションを

「あなたの分身」

として、人数に数えることができるというものです。

ただし、あなたの分身を2人分置くことになるので、その分の商品を定期購入する必要があります。

上の例で言えば、サンテアージュを3つ購入することになるので、毎月

「45,360円」

を支払う必要があります。

毎月5万円近くの定期購入、あなたならできますか?

報酬プランの内容

ニナファームでは、次のようなボーナスが用意されています。

ファストスタートボーナス
5アクティブボーナス
10アクティブボーナス
ベーシックコミッションボーナス
メガマッチボーナス
ダブルメガマッチボーナス
リーダーシップボーナス
アニュアルマネジメントフィー
カリナンAMF

このうち

アニュアルマネジメントフィー
カリナンAMF

については、ごく一部の上位タイトル保持者にしか適用されないため、ここでは説明を省きます。

ファストスタートボーナス

ファストスタートボーナスとは

「新規会員を紹介したときのボーナス」

です。

ボーナス自体は非常にシンプルで

「新規1会員当たり6,000円」

です。

多くのネットワークビジネスでは

「新規会員が購入した金額の●%」

としていますが、ニナファームでは固定した金額のボーナスとなっています。

5アクティブボーナス

あなたが直接紹介した会員が5人になると適用されるボーナスです。

ただし、その5人がアクティブであることが必要です。

アクティブとは

「定期購入をしていること」

を指しています。

支払われるボーナスについては、具体的な金額が明らかでなく会員にのみ知らされているようです。

おそらく、先程もお伝えした

「ファストスタートボーナス」同等

のボーナスが支払われるものと思われます。

10アクティブボーナス

先程もお伝えした

「5アクティブボーナス」

と同じで、あなたの下にアクティブな会員が

「10人」

になったときに支払われるボーナスです。

こちらも、支払われるボーナスについては具体的な金額が明らかではありません。

5アクティブボーナスの倍の人数を要するので、支払われるボーナスは

「ファストスタートボーナス」の倍額相当

が支払われるものと思われます。

ベーシックコミッションボーナス

ここからは、ニナファームで採用されている

「バイナリー」

についてお話していきます。

バイナリーは、左右の2系列しかありません。

 

ベーシックコミッションボーナスの条件は

①小さいグループの売上が30,000円を超えること

②左右3人ずつ、合計6人以上のグループになること
(上の図のような形です)

③アクティブなメンバーが1人以上いること

というものです。

では、支払われるボーナスはというと、アクティブなメンバーの数によって変わります。

その還元率を表にすると

アクティブメンバー数還元率(%)
1人3
2人以上10

例えば、あなたのグループは最低ラインの左右3人ずつの合計6人

小さいグループの売上が最低ラインの30,000円だとします。

アクティブメンバーが1人の場合、ボーナスは

「900円」

アクティブメンバーが2人以上の場合、ボーナスは

「3,000円」

これは、6人全員がアクティブメンバーでも変わりません。

もちろん、メンバーが増えれば金額も大きくなります。

しかし、還元率自体は変わっておらず、還元率自体も決して高いとは言えません。

メガマッチボーナス

先程もお伝えした

「ベーシックコミッションボーナス」

は、あなた自身に適用されるボーナスでした。

このメガマッチボーナスは、言うなれば

「あなたの直紹介者に対するベーシックコミッションボーナス」からのボーナス

ということができます。

なぜなら、達成するための条件が全く同じだからです。

あなたの直紹介者がベーシックコミッションボーナスを達成するために、上でもお伝えした

①小さいグループの売上が30,000円を超えること

②左右3人ずつ、合計6人以上のグループになること
(上の図のような形です)

③アクティブなメンバーが1人以上いること

という条件を満たしたとき、紹介者であるあなたにボーナスが支払われるからです。

「じゃあ、さっきと同じ金額のボーナスがもらえるの?」

と、あなたは思うかもしれません。

しかし、支払われるボーナスの還元率は違います。

直紹介者が受け取るベーシックコミッションボーナスのうち

直紹介者が2人の紹介を出した場合・・50%

直紹介者の小さいグループが20名を超えた場合・・100%

つまり、あなたの直紹介者が持つ小さいグループが20名を超えれば、あなたは直紹介者の受け取るベーシックコミッションボーナスと同額を受け取ることができます。

ただし、あなた自身でも小さいグループを20名以上にすることは大変難しいはずです。

まして、直紹介者を教育して、小さいグループでも20名以上にしなければならない。

かなりの根気と時間を要することは容易に想像できます。

ダブルメガマッチボーナス

「メガ」は直紹介者でした。

ということは、「ダブルメガ」は2段目の人です。

2段目の人が「ベーシックコミッションボーナス」を達成したときに、あなたが受け取るボーナスのことを指します。

条件などは、先程と同じです。

あなたの受け取るボーナスが

「2段目の人の25%」

と規模が多少小さくなるだけです。

ただ、メガマッチボーナスでもお伝えしましたが、あなた自身が達成するよりも、グループの人に達成させることの方が

「何万倍」

も難しいものです。

なぜなら、口コミ集客だからです。

リーダーシップボーナス

ニナファームには次のようなタイトルがあります。上から

カリナンロワイヤルダイヤモンド(※対象外)
ロワイヤルダイヤモンド(※対象外)
ダイヤモンド
プラチナ
ゴールド
エメラルド
サファイア
クリスタル

このうち、クリスタルからダイヤモンドまでのボーナスの条件は3つ。

①小さいグループの売上

タイトル売上金額(万円)
ダイヤモンド3,000
プラチナ1,200
ゴールド600
エメラルド200
サファイア80
クリスタル20

②アクティブな直紹介者数

タイトル人数
ダイヤモンド4
プラチナ4
ゴールド2
エメラルド2
サファイア2
クリスタル2

③ブランチの箇所

タイトル箇所数
ダイヤモンド40
プラチナ30
ゴールド20
エメラルド15
サファイア10
クリスタル5

ブランチ(枝)の本数まで条件にするのは、とても珍しいことです。

やはり、バイナリーの場合、参加しやすい反面アクティブな人が減りやすいのも事実です。

そして、気になるボーナスの金額ですが、現時点では

「不明」

となっています。

そのため、ボーナスについては調査を続けます。

バイナリーの欠点

バイナリーは、どれだけ工夫をしても逃れられない欠点があります。

ニナファームでも、バイナリーの欠点を補うための工夫をしているようです。

ただ、その工夫にも限界があります。

欠点について理解したうえで、報酬プランをしっかり見ていきましょう。

片方しか大きくならない

バイナリーは、左右2つのグループしかありません。

当然、グループの大きさが異なります。

ただし、バイナリーの場合は、その差が極端になってしまいます。

例えば、左のグループだけが異常に大きくなって、右のグループは全く人が増えない、という現象です。

確かに、サンクスアイでは大きいグループからも収入が得られるボーナスがあります。

しかし、それも、小さいグループでもある程度の大きさがあるからです。

「でも、アップの人が下につけてくれるし・・・」

そうあなたは言うかもしれません。

ただ、そこに落とし穴があるのです。

力のあるアップですか?

あなたが誘われたとき

「あなたは2人だけ紹介を出せばいい」

「アップが下につけてくれるから」

と言われませんでしたか?

登録してから、今まで

1ヶ月

2ヶ月

アップはあなたの下に何人つけてくれましたか?

もしかして「2,3人」ではないですよね?

本当に力のあるアップなら、2ヶ月もすればあなたの下に

「50人」

くらいの人はつけてくれているはずです。

アップがダウンの下に人をつけることを

「スピルオーバー(振り落とし)」

と言います。

もし、スピルオーバーされた人数が数えるほどしかなければ、あなたのいるグループの実力はたかが知れています。

組織が弱いまま

あなたは誘われた言葉を信じて活動を始めたことでしょう。

最初は、一生懸命リクルート活動をします。

しかし、世の中の風当たりは思う以上に強いものです。

そのうち、活動をしなくなります。

「活動しなくたって、上の人が人をつけてくれるし・・・」

そう思ってしまったら最後、あなたの成長は止まります。

人をビジネスに呼ぶことも、グループの人を育てる力もつきません。

あなたのアップが下に人をつけてくれても、見たこともない「赤の他人」です。

セミナーでたまに見かけたくらいの人でしかありません。

あなたから関係性を育てなければ、その人はすぐにビジネスを辞めてしまいます。

結局、グループは一向に大きくなりません。

最後には、あなたもビジネスを辞めてしまうでしょう。

報酬プランまとめ

ニナファームの報酬プランは、公には明らかになっていない部分もあります。

もしあなたがニナファームのビジネスに誘われているなら、報酬プランについて会員にしっかりと聞くことが重要です。

納得できないまま始めてしまうと

「聞いていたこととは違うじゃないか!」

「もっと簡単に儲かると思っていたのに!」

と言い争いになり、最悪の結果になってしまうことも考えられます。

ですから、声を掛けてきた会員さんにしっかりと聞くことを忘れないようにしましょう。

時代はネット集客へ

現代でネットワークビジネスが批判を受けてしまうのは、展開方法が

「口コミ集客」

に限られていることも大きな要因の一つと言えます。

本来伝えなければいけないことを伝えない

伝えるべきではないことを伝えてしまう

そんなネットワーカーが多くいたために、ネットワークビジネスが信頼を失う原因になってしまいました。

本当に残念なことです。

口コミ集客の限界

口コミ集客は、戦後、広大な国土のアメリカで、地方の零細企業が自社の製品を広めるために考え出した手法です。

もう70年以上も前の話です。

当時は、新しいビジネスモデルでした。

ビジネスの話をすれば

「そんないい話があるならやらせてくれ!」

と誰もがビジネスに参加しました。

しかし、日本ではいささか事情が異なります。

1970年代から80年代にかけて

「ネズミ講」

が社会問題になります。

会員獲得のやり方、報酬の得られ方について、違いが分かりにくいことから

「MLM=ネズミ講」

という誤った認識が広まってしまいました。

さすがに、現代ではその違いが分からないという人は減りましたが。

また、90年代以降も

「MLMをやれば儲かる」

と言い、ネットワークビジネスに興味のない人まで強引に勧誘するネットワーカーが現れました。

仕方なく製品を買い、始めてみたもののお金が出ていくばかり。

ネットワークビジネスが「被害者」を生んでしまう

非常に残念な状況になってしまいます。

90年代にはインターネットが普及し始めます。

強引に勧誘するネットワーカーの悪評が、ネットを通じて知られるようになりました。

友だちや知り合いに拒否されるようになったネットワーカーは、ビジネス交流会やカフェ会などに参加するようになります。

しかし、ネットワーカーの「悪評」はすでに知られるところとなっています。

ネットワーカーだと分かった瞬間、誰も話を聞いてくれません。

ですから、ネットワーカーのほとんどはわずか数ヶ月でネットワークビジネスから退場してしまいます。

口コミ集客であるかぎり、普通の人が成功することはとても難しい時代になりました。

ネット集客が鍵になる

最近はSNSを利用した集客を認める会社も出てきました。

しかし、SNSとネット集客とは似て非なるものです。

SNSは、場所がリアルからネットに移っただけで、直接の会話からメッセージのやり取りに変わっただけで、その本質は何も変わっていません。

口コミ集客とSNS集客は何ら変わらないのです。

大企業もホームページを持っています。

個人事業主もホームページを持っています。

一般の人でさえブログやホームページで稼ぐ時代です。

ただし、そこにはルールがあります。

「法律」というルールです。

ルールをしっかり守ったうえで、ネットを利用した集客ができなければ、ビジネスを成功させることはできません。

だからこそ、ネット集客がこれからの時代の

「鍵」

になるのです。

まとめ

ニナファームジャポンは、報酬プランとして

「バイナリー」

を採用しています。

バイナリーには逃れられない欠点がありますが、ニナファームでは欠点を補おうと工夫をしているようです。

ただ、バイナリーを採用した時点で、完全にはバイナリーの欠点を補えないことも同時に知っておくことが重要です。

あなたがニナファームのビジネスに誘われているならば、そして、あなたがネットワークビジネス初心者であるならば、尚更その点を理解しておくことは重要です。

「知り合いだから断れなくて・・・」

「紹介者が何とかしてくれそうだし・・・」

という気持ちでビジネスを始めてしまうと、失敗は目に見えています。

ネットワークビジネスも「ビジネスである」という自覚をもって、検討することが大切です。