「パレートの法則」

ビジネス書などで度々登場するので、あなたも聞いたことがあるかもしれません。

パレートの法則は、イタリアの経済学者ヴィルフレッド・パレートが発明した

「経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出している」

という寡乗則です。

一般的には

「80:20の法則」

「バラツキの法則」

とも呼ばれています。

自然現象や社会事象は平均的ではなく、一定の割合で偏りが発生しており、その割合が
「80:20」
である。そして、少数である20が全体に大きな影響を持っている。

具体的に言えば

ビジネスにおいて、売上の80%は全顧客の20%が生み出している。
売上の80%は、全従業員のうち20%の従業員で生み出している。
世の中の富の80%は、全人類の20%の人が独占している。

ということになります。

アリの実験も有名です。

アリは、集団のうち20%の働きアリが食べ物の80%を集めてくる。
その20%の働きアリを取り出してしまうと、残りのアリが「80:20」に分かれる。

ネットワークビジネスでも、この法則は当てはまるのでしょうか?

パレートの法則が現れる理由

ちょっと考えてみましょう。

アリの実験のように、集まった人たちが「20」のエリートばかりであったとします。

エリートですから、競争心も強く、優れた能力もあります。

たとえ休みであったとしても、他の人たちが働いているのに自分だけ休めないと働き続けます。

誰もが休まず働き続けるのですから、成果は過去最高に出ることでしょう。

しかし、知らない間に、一人また一人といなくなっていきます。

なぜなら、激務で体を壊してしまう、あるいは心を病んでしまう人が現れるからです。

それでも周囲のエリートたちは気づかずに働き続けます。

最終的に、最後の一人になったとしても、自分が一人になったことに気づかないかもしれません。

一方、「80」の普通の人も一緒に働いていればどうなるでしょうか?

彼らは、自分のペースで働き、休みを取るときはしっかり取ります。

「20」のエリートたちも、彼らに配慮して働き方を考えなければならなくなります。

すると、働き続けるのではなく、ワークライフバランスを考えた働き方を考えるようになります。

そうです。

パレートの法則は、自然と人が身につけている、生き物が生き延びていくための知恵ということができます。

ネットワークビジネスとパレートの法則

ネットワークビジネスにもエリートがいます。

トップリーダーと呼ばれる人たちです。

ただし、彼らは「20」もいません。「5」もいれば良いかもしれませんし、あるいはもしかしたら「1」しかいないと言った方が正確かもしれません。

すると、ほとんどのメンバーは「99」の素人ということになります。

トップリーダーの多くは、それまでに何社もネットワークビジネスを経験して、口コミ集客を諦めずに繰り返してきたからこそ、トップリーダーになれました。

しかし、ネットワークビジネスに参加するほとんどの人は、口コミ集客など経験したことのない「素人」です。

「1」のトップリーダーだけでは「80」の売上を作っていくことはできません。

「99」の素人を育て、グループを拡大していける「20」の側へ「1」の人を増やしていかなければなりません。

ですから、パレートの法則がそのまま当てはまるとは言えません。

「では、『20』になれる人だけ力を注げばいいのではありませんか?」

と、あなたは思われるかもしれません。

しかし、その「20」の人たちだけに力を注いでいればいいのでしょうか。

その前提として「99」の人たちの中で、誰が「20」に入る人なのかを見極めなければなりません。

ネットワークビジネスは、始めることも簡単ですが、辞めることも簡単にできます。

グループのリーダーが、特定の人だけに力を注ぐようになると、その様子はすぐに他のメンバーにも伝わります。

すると、他にも「20」になれる可能性のある人がたくさんいるにもかかわらず、そのリーダーには特定の人しか見えていないので、グループに不公平感が出てしまいます。

その結果、始めたばかりの人がすぐに辞めていってしまうことになります。

ですから、「20」だけを見ているわけにはいかないのです。

「99」の素人しかいないなら

法則は、あくまでも法則です。

現実の世界が、全て法則通りに動いているわけではありません。

人には「感情」があります。

いつ、何時、「99」の人が「1」のトップリーダーになる資質を開花させるのかは、誰にもわかりません。

であれば、「99」の素人であるメンバーに、それぞれに合った方法を教えていくことを、まずはしなければならないのではないでしょうか。

ネットワークビジネスで組織を作った経験もないのに、いきなり口コミ集客をさせても上手くいくはずがありません。

それは、マインドも含めて

「ビジネスをしていく経営者である」

という視点が養われていないからでもあります。

その視点は、一朝一夕にできるものではありません。

「99」の素人を「20」のリーダー候補になれるよう教育する。

「20」のリーダー候補を「1」のトップリーダーになれるように切磋琢磨させる。

これは、ネットワークビジネスに限ったことではありません。

一般社会の企業でも同じです。

人が成長していかなければ、どのような会社・組織も大きくなることはできません。

まとめ

「99」の素人は、言うなれば「羊の群れ」です。

群れで行動していなくては安心できず、自分の身を守ることができません。

「1」のトップリーダーは、言うなれば「一匹狼」です。

単独で荒野を歩き、自分で獲物をとって生き抜くことができます。

羊の群れに一匹狼が近づいていっても、恐怖ばかりが先に立ち、羊たちは霧散霧消してしまうだけです。

羊の群れには、行き先を導く「羊飼い」が必要です。

羊飼いとして満遍なく教育を施すことで初めて、羊の中から「一匹狼」の素質を持つものが少しずつ抜きん出てくるようになります。

その環境を整えることこそ、成功には必要なのです。