「月刊ネットワークビジネス」

という雑誌をご存知ですか?

ネットワークビジネス業界を紹介している日本で唯一の定期刊行物です。

会社紹介から始まり、ネットワークビジネスに関する疑問、旬な企業やディストリビューターの紹介など、業界の今を知ることができます。

その月刊ネットワークビジネスでは、毎年売上ランキングが掲載されています。

売り上げの規模は、その会社の実力を示す指標として一つの根拠になることは事実です。

ただ、売り上げだけでは見えてこないこともあります。

2019年度ランキング

まずは、2019年度のランキングを見ていきましょう。

…栄養補助食品
…化粧品
…その他(美容機器・下着・寝具など)

順位社名本社
所在地
売上高
(億円)
1日本アムウェイ東京989.05
2三基商事大阪550.00
3フォーデイズ東京336.37
4ノエビア兵庫305.44
5ニュースキンジャパン東京300.00
6アシュラン福岡215.00
7ベルセレージュ京都199.50
8フォエバーリビングプロダクツジャパン東京195.62
9シャルレ兵庫165.10
10モデーアジャパン東京150.00
11ナチュラリープラス東京125.00
12モリンダジャパン東京120.00
13日本シャクリー東京100.77
14高陽社岐阜95.00
15ドテラ・ジャパン東京89.60
16セプテムプロダクツ愛知85.00
17タッパーウェアブランズ・ジャパン東京80.00
17シャンデール奈良80.00
19赤塚三重78.00
20グラント・イーワンズ福井77.00
21イオン化粧品大阪70.00
22日健総本社岐阜64.00
23ロイヤル化粧品東京63.00
24ニナファームジャポン東京60.70
25サンクスアイ熊本60.00
26アライヴン東京57.00
27ザ マイラ東京52.00
28サミットインターナショナル北海道50.00
29YOSA大阪48.54
30TIENS JAPAN東京48.00
31ライフバンデージジャパン東京46.00
32シナリー東京45.00
33ピュア・クリスタル福島40.00
33KZ1ジャパン東京40.00
33ARIIX Japan東京40.00
33ハーバライフ・オブ・ジャパン東京40.00
37シナジーワールドワイド・ジャパン東京36.76
38スリーピース宮城36.00
39ペレ・グレイス東京35.60
40グリーンプラネット東京34.00
41アイビー化粧品東京33.35
42マナビス化粧品千葉31.00
43三和福岡25.00
43ジュネスグローバル東京25.00
45アミン福岡24.00
46サンテクレアール愛知23.00
47ケイエスビー大阪22.50
48エックスワン東京22.40
49ベガ福岡21.72
50イオス コーポレーション東京21.70
51ハッピーファミリー大阪20.00
51マナテックジャパン東京20.00
51ユニシティ・ジャパン東京20.00
51M3東京20.00
55シェラバートン東京18.50
56カイアニジャパン東京18.00
56ローズライン兵庫18.00
56シークレットダイレクトジャパン東京18.00
59ネオライフインターナショナル東京17.00
60オードビー・ジャポン神奈川15.00
60エコロ・インターナショナル栃木15.00
60スターライズジャパン東京15.00
63セルフ東京14.00
63日本ベスト神奈川14.00
65エヌエーシー福島13.50
66シー・エム・シー東京13.03
67アトコントロール東京13.00
68IPSコスメティックス東京12.00
68エムブラン福島12.00
68ゼンノアジャパン東京12.00
71アイスター商事東京10.00
71豊凛化粧品愛知10.00
71サンベール東京10.00
71ウィンライフ・ジャパン東京10.00
71クレス薬品三重10.00
71フォーライフリサーチジャパン神奈川10.00
71マイ・フレンド静岡10.00
78シーベヌ東京9.00
78国際友好交易東京9.00
80ウイズ神奈川8.02
81レインボー神奈川8.00
82サンテックビオズ東京7.52
83ジョイ東京7.40
84オーエイチエスジャパン福島7.20
85參壽惠本舗東京7.08
86アフロゾーンジャパン東京7.00
86ウィル・サーチ神奈川7.00
86OriVis東京7.00
89AIM東京6.00
89ピュアーライフ東京6.00
89NIKKEN福岡6.00
92スターリジャパン東京5.95
93苔善愛知5.60
94ベルエアー東京5.30
95ピュアスター福岡5.20
96ビィゴライフ東京5.10
97ビー・エッチ・シー京都5.00
97アストーラ神奈川5.00
99アルペン総合研究所長野4.80
100セモア東京4.50

ランキングを見て気付きませんか?

トップ100社ともなると

「ネットワークビジネス企業ってこんなに多いんだ」

と思われるかもしれません。

しかし、実際には数百社ものネットワークビジネス企業があり、毎年生まれては消えていきます。

ひょっとすると、飲食店よりも厳しい世界かもしれません。

そんな厳しい世界を生き抜いている企業ですから、あなたが会社を選ぶときに良い判断材料になることでしょう。

ただ、ランキングをよく見てください。

見て気づくことはありませんか?

売上高の多くは「推定値」

各社の「売上高」の数字を見てください。

キリのいい数字が並んでいます。

本来であれば「12億3456万7809円」のように、キリのいい数字にはなりにくいものです。

「商品の価格」

「消費税」

「送料」

というように、1つの商品だけとって見ても、商品代金以外にかかるお金があります。

ですから、売り上げの総額も決してキリのいい数字にはなりません。

では、なぜキリのいい数字ばかりが並ぶのか?

それは、取材する側が過去のある時点の売り上げをもとに、会員数の増減、支店展開の有無などを加味して推測しているからです。

過去の数字に基づいているので、決して間違っているとは言えません。

ですが、会社が売り上げを「未公開」にしているため、正確な数字が分かりません。

そのため、各社の売上高は「参考」でしかないのです。

扱う商品数が違いすぎる

ランキングには、その会社が扱っている商品数までは掲載されていません。

ある会社では2、3種類しか扱っていないのに、別の会社では100種類以上の商品を扱っている。

それだけで販売力が変わってきます。

中には限られた商品数しか扱っていないにもかかわらず、売上上位に顔を出している会社もあります。

ただ、それはほんの一部です。

他社との「差別化」ができているからこそ、多くの会員に受け入れられビジネスも広がっているのです。

「これしかない」

「これさえあれば」

という思いの強さが、ビジネスの拡大につながっているのでしょう。

日本に拠点のない会社は対象外

ランキングに登場しているのは、あくまでも、日本に拠点のある会社だけです。

日本に拠点がなくても、ビジネスを展開している外資系ネットワークビジネス企業は数多くあります。

特に、栄養補助食品、サプリメントなどを扱っている会社にその傾向があります。

なぜ日本に拠点を置かないのか。

それは、日本に拠点を置く場合、日本の法律や厚生労働省が出している栄養補助食品やサプリメントの基準に合わせないといけないからです。

その場合、新たな設備投資が必要になり、価格に影響します。

また、サプリメントなどを製造する過程で求められる安全基準が、欧米よりも遥かに低いので、欧米で販売するものよりも質が落ちるのが目に見えています。

商品の質が肝のネットワークビジネスにあって、質が落ちるのは致命的なことです。

ランキングに掲載されていなくても、日本で活動し、掲載されている多くの企業よりも高い売上を誇る外資系ネットワークビジネス企業はたくさんあります。

まとめ

売上高ランキングは、確かに企業の安定度を計る良い目印になります。

ただ、その背景にあることを理解しておかなければ、数多くありネットワークビジネス企業の本質を見ることはできなくなってしまいます。

特に、あなたがネットワークビジネスに参加しようと考えているならば、ランキングだけを参考に決めることは危険です。

どのような成り立ちでできた会社なのか

どのような商品を扱っているのか

初心者でも継続してビジネスができる会社なのか

会員に無理な負担を強いる会社ではないか

見るべき点はたくさんあります。

ランキングは、それを判断するための「最初の一歩」です。