MLMで成功するために

ステアステップはMLMの中でも分かりやすくシンプルな報酬プラン

「ステアステップ」

ネットワークビジネスでも古くからある報酬プランです。

「名前だけだとよくわからない」

「イメージが沸かないな」

と思うかもしれません。

報酬プランについて全体像を知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

概要記事
トップリーダーが教えたくないマーケティングプランの真実

ネットワークビジネスには、様々なマーケティンブランがあります。 あなたがビジネスをする上で、どのように計算された結果自分へ報酬が支払われるのか、それは大変重要なことです。 普通の人であるあなたが、ネッ ...

続きを見る

ネットワークビジネスには様々な報酬プランがあります。

その中で、ステアステップは現在でも多くのネットワークビジネス企業が採用しています。

なぜ今でも採用している企業が多いのか。

どういう長所があるのか。

これからご説明していきます。

問屋制度に近いから

ステアステップのことを別名

「代理店制度」

ということがあります。

代理店というと、多くの人は

「メーカーから直で品物を仕入れて売っているお店」

をイメージすることでしょう。

つまり、代理店制度というとき、私たちは

「一般の流通形態」

である

「問屋制度」

をイメージしていることになります。

問屋制度とは?

私たちがお店で見かける数多くの製品。

その製品がお店に届くまでには、基本的に次のような経路をたどります。

メーカー

問屋

小売店

実際にはメーカーと小売店の間に、何社も卸会社(問屋)が入ります。

その度に手数料が上乗せされていくのです。

実際に小売店で店頭に並ぶときには、元の価格を大きく上回る値段が付けられています。

近年は、インターネットによってメーカーが直接販売することも多くなりました。

とはいえ、一部の大手を除けば、まだ問屋制度が流通の中心です。

ステアステップでは?

ステアステップを採用する会社の場合、製品の流れは

会社

紹介者

新規会員

となります。

実際、製品は直接会社から送られます。

ただ、基本的に、ネットワークビジネスの場合は紹介者がいなければ製品を購入できません。

会社を「メーカー」とするなら、紹介者が「問屋」の役割を果たします。

では、なぜステアステップが

「問屋制度」

と同じ仕組みであると言えるのか。

まず、会員になることで、製品を安く買うことができます。

例えば、会員になると

「30%OFF」

で買うことができるとします。

買った製品を、まだ登録していない人に

「お試し」

ということで「定価」で買ってもらえたとします。

すると、あなたは元々30%OFFで製品を買っていましたから

「差額の30%分の利益」

を得ることになります。

言い換えると、30%OFFの価格を

「仕入れ値」

とした場合、あなたは興味を持ってくれた一般の人に

「30%の利益」

を上乗せして

「定価」

として売ったことと同じになります。

「差額」と「育成」

ステアステップのボーナスは大きく分けて

「差額」と「育成」

の2つになります。

差額については、先程も少し説明しましたが、もう少し踏み込んでご説明しましょう。

積み上げが必要

先程、あなたが一般の人に売ることを例にお伝えしました。

ステアステップの場合、会員と一般というだけではなく

「会員同士にも差額」

が発生することになります。

どういうことか。

多くのネットワークビジネスには、ビジネスをする会員に対して

「タイトル」

を設定しています。

条件を満たすと上位のタイトルに昇格します。

すると、適用されるボーナスが増えていくのです。

ステアステップの場合は、仕入れ価格に反映されます。

例えば、あなたが登録しているネットワークビジネスには上から

販社
代理店
特約店
(一般会員)

というタイトルがあるとします。

購入価格の割引率も当然変わり

販社50%OFF
代理店40%OFF
特約店30%OFF
(一般会員)10%OFF

という割引率が設定されているとします。

あなたが最上位の「販社」である場合、製品を売れば売るほど

「差額」

が積み上がっていきボーナスも増えます。

あなたがまだ一般会員だとしたら、販社になればもらえるはずの

「40%分の利益」

をもらい損ねていることになります。

ですから、ステアステップの場合は上のタイトルを獲得することが重要になります。

最上位を目指して会員さんは努力しています。

人材育成への努力

ステアステップを採用する企業では

「育成に対するボーナス」

が支払われることがあります。

採用している会社

採用していない会社

それぞれあるので、確認をしてみてください。

一定のタイトルを獲得したメンバーを出した会員に対して支払われます。

ただ、ボーナスの中心はやはり

「差額」

による利益になります。

なので、登録してくれる人をいかに増やすかが重要になります。

採用される利点

ステアステップを採用するのは、独自の長所があるからです。

その長所を生かすことができれば、グループを大きくすることもできます。

上位タイトルを獲れば

ステアステップにタイトルがあることは、既にお伝えしました。

タイトルによる「差額」がボーナスになることも。

あなたがグループ内で最上位のタイトル保持者でいる限り、グループ内すべての

「差額」

があなたのボーナスになります。

裏を返せば、あなたのタイトルに並ぶ人が現れた場合

「あなたと同タイトルのメンバー」

から下のグループで発生する

「差額」

はボーナスとはならなくなってしまいます。

ですから、あなたはグループの中で

「最上位タイトル」

であることが必要です。

間違えてしまいそうですが

「会社の最上位タイトル」

である必要はありません。

何番目のタイトルであっても

「グループの中で最上位」

であればいいのです。

力のある人が残る

繰り返しになりますが、ステアステップでは

「差額」

があなたのボーナスになります。

差額を多く生み出すためには、それだけの会員に登録してもらうことが必要です。

そうです。

紹介を出せる力を身に着けることが重要です。

グループを大きくできるのは

「紹介を出せる人」

になってくるので、グループに残るのは必然的に

「力のある人だけ」

になっていきます。

理解しやすい

上で説明したように、ステアステップは

「問屋制度」

を模して作られている報酬プランです。

要するに

「仕入れ値がある」

「利益を上乗せして売る」

「売れば利益になる」

という問屋制度をネットワークビジネスに置き換えると

「安く買える」

「ダウンや一般の人に通常価格で売る」

「差額がボーナスになる」

ということになります。

つまり、会員になってくれる人、会員にはならなくても愛用者になってくれる人を探せば

「ボーナスが大きくなる」

ということです。

「報酬プランって分かりづらい」

という人でも、問屋制度と同じように考えれば比較的理解しやすいでしょう。

こんな点に注意

一方で、ステアステップを採用することによる

「注意点」

があります。

この注意点をしっかり認識しておかないと、ビジネスをする上で

「思わぬ落とし穴」

に捕まってしまうことになります。

追い付かれたら大変

先程も少しご説明しました。

ステアステップのボーナスの肝は

「差額」

によるものです。

より上のタイトルになって

「安く仕入れる」

ことでボーナスを大きくすることができるようになります。

ただ、あなたのグループの中に、あなたより頑張る人が出てきたとします。

その人を「Aさん」としましょう。

Aさんにタイトルで並ばれてしまったが最後、以降、Aさんグループからの収入は途絶えてしまいます。

あなたのボーナスは大きく減ってしまうのです。

ですから、あなたはグループの中で常に

「最上位」

のタイトルでいることが重要になります。

育成ボーナスでは足りない

上でお伝えしたとおり、Aさんに並ばれてしまったら、Aさんグループからの収入は途絶えてしまいます。

一方、会社からは、Aさんを育てたことによる

「育成ボーナス」

が支払われることがあります。

しかし、育成ボーナスの金額は会社によって大きく異なります。

多くの場合は、1回のみのボーナスです。

毎月支払われるものであっても、金額的には、Aさんグループからの収入には遠く及びません。

このように、せっかく育成で頑張っても

「結果として自分の収入が減った」

という事態になってしまうのです。

タイトルの獲得・維持が厳しい

下のタイトルであれば、頑張れば取ることができます。

しかし、中位以上のタイトルになると、途端に条件が厳しくなります。

自己消費の金額だけならまだしも

「グループ全体の売上」

「特定の期間の売上」

など、条件が重なってきます。

そうすると

「これは達成したけど、あれはできなかった」

ということが普通に起こります。

その月は何とか頑張り、グループの人の助けも得てタイトルを達成できました。

でも、翌月も、その翌月も、すっと同じことができるでしょうか?

グループの人にお願いするのも限度があります。

当然、多くの人はタイトルの維持条件を達成できずに降格してしまいます。

一度降格してしまうと、あの大変さを知っているので

「もうあんなことはできない」

と上位タイトルを諦めてしまいます。

買込などの不適切な事態

タイトルを獲得するためにした

「あんなこと」

って一体何なのでしょうか?

ステアステップでは、とにかく製品をさばくことが必要です。

「ビジネスをする会員を募る」

「一般の人に販売する」

方法はこの2つしかありません。

とはいえ、自分以外の人に

「タイトルを達成したいから、これだけ余計に買ってくれ!」

なんて言うことはできません。

すると、どうするか。

そうです。

自分で必要以上の製品を買い込むしかありません。

その月だけだったら、買い込んでも

「ストックだと思いばいいし」

と納得することができます。

しかし、長く続けることはできません。

買い込むだけのお金が必要だからです。

とはいえ、中には無理をして買い込んでしまう人もいます。

すべてはタイトルを取るために。

副業としては難しい

ネットワークビジネスを始める多くの人は、最初は

「副業」

として始めます。

会社員なら平日の夜や休日を使い

フリーターならバイトの合間に

主婦なら家事・育児の間に

と使える時間が限られています。

ステアステップの場合、大きな収入を得たいなら

「製品をさばく」

ことが重要になります。

となると、できるだけ多くの時間をネットワークビジネスに使わなければなりません。

当然、本業と同じくらいの時間を必要とします。

でなければ、成果を上げることは難しくなります。

特に、会社員である場合、成果を上げるのは難しいでしょう。

ステアステップまとめ

ステアステップは、報酬プランという言葉を聞いたことがない人でも

「問屋制度」

と同じだということがわかれば、比較的理解しやすいでしょう。

しかし、ステアステップにおけるボーナスの肝が

「差額」

である限り、製品をさばくことが必要になります。

より上のタイトルを獲得することが必要になります。

そう考えたとき、本業と同じくらいの時間を確保できなければ、活動は厳しくなるでしょう。

これらの点を十分理解した上で、会社選びをしてください。

-MLMで成功するために
-, ,

error: Content is protected !!

© 2020 インターネット(オンライン)集客でネットワークビジネス|副業初心者も着実に成果を上げる! Powered by AFFINGER5