サンクスアイは、有機フルボ酸抽出物(古代植物堆積層由来)とプロテオグリカンを主成分とした製品を展開しています。

ただ、製品は知っていても、報酬プランとなると、ちゃんと理解している人は少ないのではないでしょうか。

「サンクスアイの人からビジネスに誘われたんだけど・・・」
「稼げるかどうかも分からないし・・・」

あなたが、副業初心者なら、MLM初心者であれば尚更迷ってしまうことでしょう。

サンクスアイの報酬プランについて詳細に検討することで

副業初心者でも稼ぎやすいのか

MLM初心者でも成果を出しやすい報酬プランなのか

しっかりと理解しましょう。

サンクスアイを知る

(サンクスアイのHPより引用)

会社概要

会社名サンクスアイ 株式会社
英文社名THANKS AI CORPORATION
所在地〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
連絡先TEL:096-285-3910 FAX:096-285-3513
資本金13,000,000円
事業内容植物性ミネラルの販売、農業関連事業
創業2009年5月1日
主要取引銀行◎三菱UFJ銀行(熊本支店)
◎肥後銀行(詫麻東支店)

サンクスアイの理念

日本発の農業改革で、
世界の食を正す。

このままの日本で大丈夫ですか?このままの食生活で安心出来ますか?
このままで子供達、孫達が幸せに暮らせる環境を残してあげられますか?
サンクスアイ株式会社は「豊かさの先に、食べられる喜びを」を基本理念とし、
より良い日本の未来を創造するために誕生した会社です。

便利さを追求し続けた結果、今どのような環境が出来上がりましたでしょうか。

病気になりたくない、死にたくないという思いが医療を進歩させ、
その結果医療費によって国家が沈没の危機に立たされている現状。

仕事が無く、最低限の生活にも困る人たちで溢れるハローワークを後目に、
安い賃金で働かせるために連れてくる外国人労働者が100万人を越える現状。

見た目が綺麗なら良い、安ければ良い、という消費者に支えられ、
安全性など完全に無視されて製造される偽装食品の数々…
これから先の自分自身のため、そしてかけがえのない未来の子供たちのため、
あなたもサンクスアイ活動に加わり、一緒に日本の未来を変えて行きませんか。

サンクスアイ活動

1.食育

食生活の改善と、植物性ミネラルの普及による
国民医療費の削減活動。

「豊かさの先に、食べられる喜びを」を基本理念とし、植物性ミネラルの普及を行い、食生活の改善と国民医療費の削減を目指します。

2.職育

紹介販売形式を採用することによる、性別・年齢・経験等を問わない、新規雇用の促進活動。

紹介販売形式を採用することにより、 新規雇用の促進を行ってまいります。 経済の活性を図ることで、日本の貴重な文化を守っていきます。

3.商育

会員メリットの共有による
既存商売を繁盛させるための応援活動。

ご商売をされていらっしゃる会員様に、会員限定の特典を提供いただき、商売を繁盛につなげます。会員メリットの共有を目指します。

4.農育

愛栽培農家を拡大し、
安全な食の生産と流通の総合的な農業再生活動。

資材に頼らない愛栽培農家を拡大させ、安心・安全な食の生産を行い、食料自給率の向上を目指します。

アジア市場を目指す

サンクスアイは2009(平成21)年に誕生した、比較的新しいネットワークビジネス企業です。

しかも、本社があるのは熊本県。

決して恵まれた環境にあるとは言えない同社が、わずか10年余りで大きく業績を伸ばしてきました。

大きく業績を伸ばせたのは、アジアにいち早く進出して実績を積み上げ、その業績に感銘した人が多く会員になったからではないでしょうか。

また、サンクスアイは、ネットワークビジネスを通じて、ビジネスだけではなく、農業に関する教育を変えていくことを標榜しています。

そうした教育に対する考え方を前面に出していることも、多くのネットワークビジネス企業とは異なる点です。

日本が、社会的にも教育的にも大きな曲がり角にある中で、その理念に共感する人も多いのではないでしょうか。

台湾、香港、フィリピン、タイ、マカオ、マレーシア、そして、2019(令和元)年5月には、カンボジアに進出した同社。

その視線には、アジアの中心となることがあるようです。

ビジネスについて

それでは、サンクスアイの報酬プランについて見ていきましょう。

サンクスアイが採用している報酬プランは

「バイナリー」

です。

ただし、サンクスアイの場合は

「グローバル・コンポジット・バイナリー」

と呼んでいます。

2つの地図がある

バイナリーといえば

「左右2つのグループ」

だけしかないのが大きな特徴です。

しかし、サンクスアイの場合、通常のバイナリーを示す図のほかにもう一つ

「リアルマップ」

というものがあります。

平たく言うと

「誰が誰の紹介なのかを示す人間関係図」

ということができます。

このリアルマップがなぜ必要になるのかは、後になれば分かってきます。

サンクスアイのバイナリーについても、後で詳しくお伝えします。

ビジネスの条件

サンクスアイでビジネスを始めるためには

「製品1箱」

金額にして

「12,000円(税抜)」

のものを購入する必要があります。

「1箱って、どの製品のことを言うんだろう?」

と、あなたは思ったことでしょう。

1箱12,000円とは、次の6つの製品のことを指します。

パーフェクトミネラルアイ(液体)
パーフェクトミネラルアイ(パウダー)
ハイブリッドミネラルアイ
プロフィル
キャニール
ジョイフィル

ただし、12,000円となるのは2回目の購入からなのでご注意を。

初回の購入は「20,000円(税抜)」です。

実質、12,000円が「会員価格」となっています。

初回購入時には特典があります。

1箱(12,000円)の場合は、新規資料の贈呈、オンライン登録なら各種グッズの贈呈。

2箱(24,000円)の場合は、好きな製品を1箱プレゼント。

ただ、月に12,000円あるいは24,000円の負担は少ないものではありません。

あなたにとって、負担になりませんか?

報酬をもらうためには?

あなたが1箱を買って登録しました。

1箱は12,000円(税抜)です。

では、報酬をもらう条件は何か?

シンプルです。

「1箱を毎月買い続けること」

要するに、12,000円の定期購入です。

3ヶ月定期購入すると特典があります。

3ヶ月ごとにおススメ製品をプレゼント

という特典です。

紹介ボーナス

サンクスアイでは、誰かを紹介したときに支払われるボーナスのことを

「スポンサーボーナス」

と呼んでいます。

例えば、あなたがビジネスを始めて、Aさんを紹介したとします。

Aさんが1箱(12,000円)で登録した場合、あなたのスポンサーボーナスは

「3,000円」

還元率は25%

Aさんが2箱(24,000円)で登録した場合、あなたのスポンサーボーナスは

「10,000円」

還元率は約42%

タイトルについて

サンクスアイにも当然タイトルがあります。(サンクスアイでは「ランク」と呼んでいます。)

一覧がこちらです。

上から

シックスダイヤモンド
トリプルダイヤモンド
ダイヤモンド
シックスゴールド
トリプルゴールド
ゴールド
シックスシルバー
トリプルシルバー
シルバー

の9つのタイトルがあります。

昇格するためには、2つの基準をクリアする必要があります。

①小グループの売上
②ダウンの育成

それぞれの基準について見ていきましょう。

小グループの売上

図が見にくいかもしれないので、

一覧表にしてみます。

なお、サンクスアイでも金額をポイントに換算していますが

「1PV=1円」

なので、ここでは

「1箱=12,000円」

として、【月に何箱売ればいいのか】で表します。

タイトル小グループ売上(箱数)
シックスダイヤモンド6,000
トリプルダイヤモンド3,000
ダイヤモンド1,000
シックスゴールド600
トリプルゴールド300
ゴールド100
シックスシルバー60
トリプルシルバー30
シルバー10

一番下のシルバーは月に10箱(12万円)

最上位のシックスダイヤモンドになると、月に6000箱(7200万円)

1日に平均して200箱を売らなければ、最上位のタイトルを獲ることはできません。

では、もう一つの条件を見ていきます。

ダウンの育成

こちらも上の図では見にくいので、一覧表にします。

タイトルダウンの育成
シックスダイヤモンドゴールド6系列が左右に1名
トリプルダイヤモンドゴールド4系列が左右に1名
ダイヤモンドゴールド2系列が左右に1名
シックスゴールドシルバー2系列が左右に1名
トリプルゴールドシルバー2系列が左右に1名
ゴールドシルバー2系列が左右に1名
シックスシルバー
トリプルシルバー
シルバー

シックスシルバーまでは、ダウンの育成に関する条件はありません。

上の「小グループの売上」という条件のみになります。

例えば、最上位のシックスダイヤモンドの場合、左右の系列に各1人以上で、合計6人の

「ゴールド」

のタイトル保持者がいることが必要です。

ただし、ここで重要な条件が出てきます。

その条件とは

「タイトル保持者がリアルマップで同じ系列にいないこと」

という条件です。

ここで出てきました。

「リアルマップ」

文字だけだと分かりづらいので、具体的に説明します。

シックスダイヤモンドに必要なのは

「6人のゴールド」

でした。

リアルマップ上で表すと

ということになります。

リアルマップは「人間関係図」ですから、あなたを中心に縦横無尽に広がっていきます。

ただ、シックスダイヤモンドになるためには、ゴールドのタイトル保持者が

「同じ紹介者の系列にいないこと」

が必要になります。

ですから、次のような場合は認められません。

ゴールドのタイトル保持者が、グリーンの線で示された「同じ紹介者の系列」にいるからです。

同じ紹介者の系列にいないかどうかを確認するために必要なのが

「リアルマップ」

になります。

ただ、タイトルを獲るほど意欲のある人同士が、つながっていることって多くありませんか?

あなたが普通の人なら、会社や昔からの友人、趣味でつながっている人など、人間関係はある程度限定されています。

すると、知っている人同士がつながっている、なんてことも起こり得ます。

つまり、タイトルを獲るような人が、全く別のつながりから現れるということはなかなか無いんです。

ですから、全く別のつながりで、タイトルを獲る人を出すことがいかに難しいか、お分かりいただけると思います。

ペアボーナス

ここから、具体的にサンクスアイのバイナリー

「グローバル・コンポジット・バイナリー」

についてお伝えしていきます。

ボーナスをもらう条件

ペアボーナスをもらうためには、次の2つの条件が必要です。

①1箱(12,000円)以上の定期購入していること

②左右で各1人以上、あなたが紹介して1箱(12,000円)以上購入した人がいること

バイナリーには左右2系列あります。

あなたに近いところから1段目(LEVEL1)

そして、その先があります。

左右各1人以上、あなたの直紹介者が必要なので

赤い人があなたの直紹介者だとします。

こんな状態になるのが望ましいでしょう。

ペアボーナスは、すべての段に適用されます。

ただし

①あなたの直紹介者数
②あなたの自己購入金額

によって適用されるボーナス金額が変わります。

次の図をご覧ください。

斜めになっているのは、ご愛嬌ということで(笑)

例えば

①あなたが2人の紹介を出して
②あなた自身は1箱(12,000円)購入している場合

適用されるボーナスは

「1,500円」

1,500円がすべての段に適用されます。

この図では10段あるので、あなたのボーナス金額は

「15,000円」

になります。

適用範囲は

「LEVEL300(300段)」

までです。

1段当たりの金額は大きくありません。

ただ、段数が10段、50段と伸びたらどうなるか。

会員にとっては、それも魅力の1つとなっているのでしょう。

圧縮されるので注意

とはいえ、注意すべきことがあります。

あくまでも対象となるのは

「定期購入している会員」

です。

グループが大きくなれば、買うのを止める人も出てきます。

ですから、定期購入している人だけで組織図を組みなおします。

これをサンクスアイでは

「コンプレッションシステム」

と呼んでいます。

でも、よく考えてみてください。

あなたが、100段までグループを大きくして

「これで100段分のペアボーナスがもらえる」

と思っていました。

しかし、実際に定期購入している人だけで組織図を組みなおすと

「20段分」

しか定期購入している人がいません。

もらえると思っていたボーナスの

「5分の1」

しかもらえないと分かったとき、あなたならどう思いますか?

バランスボーナス

このボーナスは、バイナリーでは珍しいボーナスです。

通常、バイナリーは左右どちらかの小さいグループしか報酬の対象になりません。

しかし、サンクスアイでは大きいグループからもボーナスを出しています。

対象はシルバー以上

ただし、ボーナスの対象となるのは

「シルバー以上」

のタイトルを獲得している人だけです。

あなたが、毎月10箱(12万円)以上の成果を出し続ければボーナスの対象となります。

改めて条件を整理すると

①1箱以上の自己購入
②シルバー以上
③左右に各1人以上、あなたが紹介した1箱以上の定期購入者

という条件です。

実際のボーナスは?

バランスボーナスは

「1箱あたりの金額」

として計算されます。

1箱当たりの金額は次のとおりです。

あなたの自己購入が2箱なら、1箱の場合の倍になります。

大きいグループにおける1箱当たりの金額は大きくありません。

しかし、大きいグループの売上に対してボーナスが支払われることは稀です。

その点は評価できます。

ただ、還元率としてみると決して高いとは言えません。あなたの自己購入が

1箱の場合は12,000円に対して最高300円、還元率は

「2.5%」

2箱の場合でも24,000円に対して最高600円、還元率は

「2.5%」

と変わりません。

取得制限あり

ただし、バランスボーナスには取得制限があります。

各タイトルで取得できる上限金額が決まっています。

確かに、下位のタイトルではまだグループがそこまで大きくなっていないので、金額的に小さいのも無理はないでしょう。

しかし、金額的に制限されるということは、グループを大きくしても

「報酬に反映されない」

という状態になることが当然に起こります。

サンクスアイではグループの大きさについて

大きいグループ:5
小さいグループ:1

までしかボーナスの対象としていません。

つまり、大きなグループが小さいグループの5倍以上に大きくなったら、その超えた部分には適用されません。

その他のボーナス

サンクスアイでは、他に

「グローバルボーナス」

があります。

しかし、グローバルボーナスは

「トリプルゴールド以上」

のタイトル獲得者しか適用されません。

また、サンクスアイでは

「シーズンボーナス」

があります。

しかし、シーズンボーナスは

「ゴールド以上」

のタイトル獲得者しか適用されません。

ここまで上位のタイトルにたどり着ける人は

「何万人に1人」

しかいないので、ここでは説明を割愛します。

大切なのは、お金も、時間も、人脈もない普通の人のあなたが成功しやすいかどうかだからです。

バイナリーの欠点

バイナリーは、どれだけ工夫をしても逃れられない欠点があります。

その欠点について理解したうえで、報酬プランをしっかり見ていきましょう。

片方しか大きくならない

バイナリーは、左右2つのグループしかありません。

当然、グループの大きさが異なります。

ただし、バイナリーの場合は、その差が極端になってしまいます。

例えば、左のグループだけが異常に大きくなって、右のグループは全く人が増えない、という現象です。

確かに、サンクスアイでは大きいグループからも収入が得られるボーナスがあります。

しかし、それも、小さいグループでもある程度の大きさがあるからです。

「でも、アップの人が下につけてくれるし・・・」

そうあなたは言うかもしれません。

ただ、そこに落とし穴があるのです。

力のあるアップですか?

あなたが誘われたとき

「あなたは2人だけ紹介を出せばいい」

「アップが下につけてくれるから」

と言われませんでしたか?

登録してから、今まで

1ヶ月

2ヶ月

アップはあなたの下に何人つけてくれましたか?

もしかして「2,3人」ではないですよね?

本当に力のあるアップなら、2ヶ月もすればあなたの下に

「50人」

くらいの人はつけてくれているはずです。

アップがダウンの下に人をつけることを

「スピルオーバー(振り落とし)」

と言います。

もし、スピルオーバーされた人数が数えるほどしかなければ、あなたのいるグループの実力はたかが知れています。

組織が弱いまま

あなたは誘われた言葉を信じて活動を始めたことでしょう。

最初は、一生懸命リクルート活動をします。

しかし、世の中の風当たりは思う以上に強いものです。

そのうち、活動をしなくなります。

「活動しなくたって、上の人が人をつけてくれるし・・・」

そう思ってしまったら最後、あなたの成長は止まります。

人をビジネスに呼ぶことも、グループの人を育てる力もつきません。

あなたのアップが下に人をつけてくれても、見たこともない「赤の他人」です。

セミナーでたまに見かけたくらいの人でしかありません。

あなたから関係性を育てなければ、その人はすぐにビジネスを辞めてしまいます。

結局、グループは一向に大きくなりません。

最後には、あなたもビジネスを辞めてしまうでしょう。

時代はネット集客へ

ここまでサンクスアイのビジネスについてお伝えしてきました。

製品が良い

報酬プランが素晴らしい

会社の理念に共感できる

サンクスアイだけでなく、他の会社の会員もそう思っています。

ですが、時代は変わっています。

口コミ集客の限界

口コミ集客は、戦後、広大な国土のアメリカで、地方の零細企業が自社の製品を広めるために考え出した手法です。

もう70年以上も前の話です。

当時は、新しいビジネスモデルでした。

ビジネスの話をすれば

「そんないい話があるならやらせてくれ!」

と誰もがビジネスに参加しました。

しかし、日本ではいささか事情が異なります。

1970年代から80年代にかけて

「ネズミ講」

が社会問題になります。

会員獲得のやり方、報酬の得られ方について、違いが分かりにくいことから

「MLM=ネズミ講」

という誤った認識が広まってしまいました。

さすがに、現代ではその違いが分からないという人は減りましたが。

また、90年代以降も

「MLMをやれば儲かる」

と言い、ネットワークビジネスに興味のない人まで強引に勧誘するネットワーカーが現れました。

仕方なく製品を買い、始めてみたもののお金が出ていくばかり。

ネットワークビジネスが「被害者」を生んでしまう

非常に残念な状況になってしまいます。

90年代にはインターネットが普及し始めます。

強引に勧誘するネットワーカーの悪評が、ネットを通じて知られるようになりました。

友だちや知り合いに拒否されるようになったネットワーカーは、ビジネス交流会やカフェ会などに参加するようになります。

しかし、ネットワーカーの「悪評」はすでに知られるところとなっています。

ネットワーカーだと分かった瞬間、誰も話を聞いてくれません。

ですから、ネットワーカーのほとんどはわずか数ヶ月でネットワークビジネスから退場してしまいます。

口コミ集客であるかぎり、普通の人が成功することはとても難しい時代になりました。

ネット集客が鍵になる

最近はSNSを利用した集客を認める会社も出てきました。

しかし、SNSとネット集客とは似て非なるものです。

SNSは、場所がリアルからネットに移っただけで、直接の会話からメッセージのやり取りに変わっただけで、その本質は何も変わっていません。

口コミ集客とSNS集客は何ら変わらないのです。

大企業もホームページを持っています。

個人事業主もホームページを持っています。

一般の人でさえブログやホームページで稼ぐ時代です。

ただし、そこにはルールがあります。

「法律」というルールです。

ルールをしっかり守ったうえで、ネットを利用した集客ができなければ、ビジネスを成功させることはできません。

だからこそ、ネット集客がこれからの時代の

「鍵」

になるのです。

サンクスアイまとめ

サンクスアイのマーケティングプランは、バイナリーです。

確かに、多くの会社が採用しているバイナリーとは異なる部分もあります。

ただ、バイナリーである限り、逃れられない欠点があります。

その点を考慮しても、あなたが自信をもってビジネスを続けられるのか。

報酬プランに納得できるのか。

その点もしっかり考えてみましょう。

お金も、時間も、人脈もない普通の人であるあなたが、成功するために大切なことを見極めていきましょう。